ブライダルネット「四宮さん」デートも終わりに……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

ブライダルネットで出会った四宮さんとの食事を終え、レストランを後にしました。

ランチは

「僕が行きたい場所に付き合ってもらっているので」

ということで、四宮さんが全額払ってくれました。

婚活アプリで出会った人ってだいたい皆さん全額払って下さるんですけれど、男性側のマニュアルかルールにそういったことが書いてあるんでしょうか?

さらに近くでやっているというアート展示を四宮さんが調べてくれ、行ってみることにしました。

どうやらこの街は本当にアートの街だったようです。

「ファッション」や「スイーツ」が有名なイメージだったので、アートの印象はありませんでしたが、1日でだいぶ印象が変わりました。

目的地に行く途中にも面白そうな場所があったので入ってみて、絵本の世界のような柔らかい絵の鑑賞をしました。

私には絵の良し悪しはよくわかりません。でも、心の温かくなる優しい絵でした。

「いい絵だね」

四宮さんがそう言いました。同じ気持ちを共感できたような気がして、嬉しくなりました。

いざ、目的地に着くと、そこの展示はなかなか前衛的というのでしょうか?

グロテスクというのとも少し違う気もするのですが、ちょっとドキッとするような……とにかく私にとっては過激な印象の展示でした。

「うーーーーーん」

と四宮さんはうなっていました。

こちらもどうやら同じ感想だったようです。

私達はお互いに簡単な意思疎通をし、早々に会場を後にすることにしたのです。

歩き回って疲れましたが、いろいろなアートの世界を覗けて面白かったですし、アートを通じて、四宮さんの価値観に触れることができた気がしました。

好きなものと苦手なものが似ているような気がしたのも嬉しかったです。

帰り際

「そういえば、LINEってやってる?」

と四宮さんに聞かれました。

私は「やってます」と答えると、LINEの交換をすることになりました。

このタイミングでLINE交換をするのは初めてでしたが、これは次もあると思っていいのでしょうか?

私は電車に揺られながら、今日のことを思い返していました。

四宮さんは身長こそは高いものの、とても華奢な体格で、肩幅も私のほうがありそうですし、二の腕も太ももも私のほうが太そうです。

今まで自分の体形は中肉中背だと思っていて、それほど気にしたこともなかったのですが、急に自分のたるんだ体が気になってきました。

とても楽しい1日だったのは間違いないのですが。

並んで歩いていると、女の私のほうががっしりしているのがちょっと恥ずかしくもありました。

もちろん四宮さんが悪いわけではなく、私が勝手にそう感じてしまっているだけなのです。

四宮さんと出会ったブライダルネットへの登録はこちらから

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA