アラフォー七城さん(11)得意な家事について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

結婚相談所で出会った七城さん。

仮交際中の2度目のデートで、「質問をしてほしい」と言われた私。

結婚を意識した質問をしなければならないと思って色々と聞いてみましたが、なかなかうまく質問が思い浮かばず、徐々にしどろもどろに。

そんな私を見かねたのか、はたまた質問させることを諦めたのか

「シダさんの好きな家事ってやっぱり料理ですか?」

と聞いてくれました。

「え、っと。そうですね。料理をするのは割と好きです」

先程、七城さんと料理の話になった際に、「料理は好きでも嫌いでもないから休みの日には作ることもあるよ」と窺ったばかりです。

ちなみに私も料理は好きですが、毎日、作っているかというと作っていません。

会社もお弁当を持って行くより外でランチのほうが好きです。

「会社はお弁当を持って行ったりしているの?」

「いえ……。コロナが流行してからは持って行くこともありましたが、ランチに出ることが多いです」

「へえ、そうなんだ。意外だな」

お弁当を作っていっていることにしておけばよかったかなと思いましたが、嘘をついてもいずれはバレるでしょうし……。

私の会社に勤めている男性で、奥さんの手作り弁当を持ってきている男性はあまりいませんが、七城さんは結婚後は手作り弁当を作ってほしいと思うタイプなのでしょうか?

「七城さんは、好きな家事って何ですか?」

「僕は掃除かな。整理整頓じゃなくて掃除の方」

「整理整頓は好きではないんですか?」

「嫌いじゃないけどね、純粋に掃除のほうが好きなんだよね」

「へぇ、そうなんですね」

「いや、あまり好きじゃないのかな? 極力しなくて済むように物は減らしている」

私は物が多いタイプだと思うので、どうやらそこは違うタイプのようです。

「ミニマリストなんですか?」

「いや、そこまでじゃないかな。でも、物が少ないからかモデルルームみたいだって言われるね」

モ、モデルルーム?

「それはすごいですね……」

「物が少ないからだと思うよ」

七城さんはそう言いますが、我が家では行き場のないリモコンがテーブルの上に置かれていたり、クローゼットに入りきらない本などの入ったカラーボックスの上には謎のぬいぐるみや小物が置かれたりしています。

小物もオシャレなものではなく、友達からお土産でもらった謎のご当地グッズなどです。

片づけた状態でもこの状態なので、モデルルームからは程遠い部屋です。

「シダさんは整理整頓って得意?」

「あまり得意ではないです……」

「会社のデスクも散らかってる方?」

「いや、会社はけっこうきれいにしてるんですけれど、家だと気が抜けちゃうというか」

「へー、それは僕と逆だな」

どうやら七城さんは会社の資料の整理整頓などは苦手なようです。

電子化が進んでいるとはいえ、未だに紙の書類も多いですし、スキャンするのもシュレッダーするのも手間なのはよく分かります。

私達はミニマリストについてなどの話や、どんな雰囲気の家が好きかという話をしました。

こうしてこの日は解散になりました。


シダ
シダ

私が実際に使ってみたおすすめの婚活アプリ

の使ってみた婚活アプリ
おすすめの婚活アプリを
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA