シャイな六郷さん(2)噛み合わない会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

結婚相談所で出会った六郷さん。

写真とかなり顔が違うことに驚きつつも、お茶を飲みながらお見合いは続きます。

が、しかし六郷さん。

なかなか会話が続きません。

私のコミュニケーション能力が低めということはもうかなり自覚はしているものの、六郷さんも私に負けず劣らず……です。

なんというか、会話が一問一答みたいになってしまうのです。

例えば趣味の話だと

「六郷さんは読書がお好きなんですよね?」

「はい」

「どんなジャンルが好きなんですか?」

「ビジネスです」

「最近、読んだ本でおすすめってありますか?」

「○○(私は知らない本)です」

「そうなんですか」

そして訪れる沈黙。

ハッとした私が

「どんな内容なんですか?」

と聞くと

「△△について書かれています」

とタイトルからある程度想像できるシンプルすぎるお答え。

逆のパターンもありました。

六郷さんが

「シダさんはどの辺りでは働いているんですか?」

と尋ねてきたので、

「○○です」

と私が応えいったん終了。

「僕は△△です」

と六郷さんが言ってくださるものの

「そうなんですね」

としか言えない私。

私は男性相手にずいぶんとお話しできるようになったものだと思っていましたが、かなり男性の方のコミュニケーション能力に助けられていたのだということを、改めて感じさせられた場面でした。

用意していた質問は早々に尽きてしまい、そこから先はその場で質問や会話を捻り出さなければなりません。

私は困ったときは「天気の話をせよ」と言う言葉を思い出し、最近の天気の話を振ってみることにしました。

「最近、涼しくなってきましたね」

※このブログはリアルタイムブログではなく、少しタイムラグがあります。今はどんどん暑くなってきていますね

「そうですね。秋っていう感じですね」

「この時期は服装に迷います」

「分かります。スーツも夏用から冬用に替えるかどうか迷いますね」

と、まさかのその日一番の盛り上がりがここで来ました。

正直、趣味の話などでもう少し盛り上がれると思っていたのに撃沈したため、困った時の天気の話で盛り上がれるとは思っていませんでした。

そうこうしているうちに私のお茶がなくなりました。

いつの間にか六郷さんも飲み終えていたようです。

「では、そろそろ行きましょうか」

と六郷さん。

気付けば一時間ほどが経っていました。

初めて会った五味さんに引き続き、六郷さんもまた一時間で解散となりました。

これはまた……

ナシのパターンなのでしょうか?

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA