ハイスペ八木さん(2)専業主婦or転職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

結婚相談所で出会った八木さんとしばらく旅行の話で盛り上がりました。

やっぱり同じ観光地に行ったことがあるといった

共通の話題を見つけると会話は盛り上がります。

その後は仕事の話に。

「シダちゃんはどんな仕事をしているの?」

と聞かれ、簡単な業務内容を説明しました。

「シダちゃんの仕事ってけっこう忙しいよね?」

「波はありますけれど、忙しいこともありますね」

「やっぱりそうだよね。実は姉が同じような仕事をしているんだけれど、100時間残業とか当たり前のようにしていて驚くよ」

「アハハ」

思わず乾いた笑いをしてしまう私。

「結婚後も仕事は続けるの?」

「そのつもりでいます」

「旦那の収入がよくて、専業主婦でもいいと言われても?」

「はい。夫がいつ倒れて働けなくなるか分からないですし」

「収入保障の保険に入っていても?」

「……そこまで細かく考えたことはなかったですが、仕事は好きなので、続けたい気持ちはあります」

確かに収入保障の保険に入ってくれるのであれば、私の働く理由はあまりないのかもしれません。

が、働くことはやりがいもあって好きです。

家事がそこまで好きではない私としては、外で稼いで、

家事で手が足りない部分や苦手な部分は外注でも何でもすればいいんじゃないかなぁと思うのです。

もちろん「外注~」の話はしませんでしたが、何やら少し考えた後、

八木さんは

「別の職に転職することは考えてる?」

と言いました。

あるかないかと言われたらあります。

仕事が嫌になった時は「このプロジェクトが終わったら辞めてやる!」という気持ちが原動力だったこともあります。

それにしてもなんでこんな話題に? と思っていると

「急に変なことを言い出してごめんね。失礼を承知で言うんだけれど、姉の働き方を見ていると、結婚して子どもをもって……というイメージがどうしても沸かないんだよ」

初対面にしてはなかなかヘビーな話題に。

お見合いにもかかわらずカジュアルにビールを飲んでいるのにヘビーな話題に。

でも、八木さんの言わんとしていることは分かります。

まずは今の会社の現状を話すことに。

「私の職場の女性は、結婚後も産休や時短勤務を利用して、働いています。時短も子供が小学校を卒業するまでとれますし」

「小学校まで取れるのは長いね」

「そうですね。ただ、出産するとその後の昇進や昇給はないです」

「それはうちの会社も同じだ。結婚したら残業の少ない業務に配置転換できたりするの?」

「必ずできるとは言えないですし、どれくらいの人が希望して、どれくらいの希望が通っているのかも分かりませんが、実際に業務を変わったり部署異動した女性の先輩はいます」

「なるほど」

「でも、私の会社は基本給はそんなに高くなくて、残業代で稼ぐっていう感じなので、お給料はけっこう下がると思います」

「それは別に構わないよ」

そうか、専業主婦でもいいと言ってくれていたなと思い出しました。


シダ
シダ

おすすめの婚活アプリを紹介するよ

私の使ってみた婚活アプリ一覧
おすすめの婚活アプリ

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA