今年のバレンタイン

1か月半ほど前のある日、私は悩んでいました。

 

世の女性たちの一大イベントである

「バレンタイン」が迫っていたからです。

続きを読む