結婚したくない女性の職業とは?【アラサー婚活】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

先日、私は「職業」を理由にお見合いのお断りをされました。

表向きの理由が職業であり、本当の理由は別にある可能性もありますが、「結婚したくないと思われる職業」にどんなものがあるのか気になったので調べてみました。

結婚したくない職業

「男性が結婚したくないと思う女性の職業」、「女性が結婚したくないと思う男性の職業」についてランキング形式で紹介しているブログ記事はいくつもありますが、ソースがはっきりしているものは少ないです。

ソースははっきりしないものの、「男性が結婚したくないと思う女性の職業」の上位には、「医師」「弁護士」「芸能人」などが入っている傾向があります。

その中で、大手結婚相談所である「婚活総合サービス 株式会社IBJ」さん(webサイト:http://www.ibjapan.jp/)が実際の成婚データを基に「成婚しやすい職業」についてまとめていたので、紹介します。

IBJのデータを紐解く

成婚しやすい職業 TOP5

結婚したい職業というと「看護師」「保育士」などが上位に来るイメージがありますが、実際の婚活市場ではどうなのでしょうか?

全39種の職業のうち、上位5つの職業を紹介します。

職業成婚しやすさ成婚者会員全体
弁護士379.77%0.23%0.06%
公認会計士290.76%0.20%0.07%
税理士153.37%0.09%0.06%
販売・小売・飲食
サービス系職種
142.97%5.21%3.65%
介護・福祉関連職141.05%3.38%2.40%

成婚白書2019年度版(https://staic.blob.ibjs.ibjapan.com/media/PDF/marriagedata2019.pdf)より

「成婚しやすさ」とは2019年の成婚者の平均を100%として計算されている数値です。

「成婚者」は成婚者に占める割合、「会員全体」は会員に占める割合です。

つまり、1位の弁護士は平均の4倍近く、成婚しやすい職業ということになります。

そんな弁護士の方が全体に占める割合は0.06%です。実際に何人くらいかというと20人程度だと推測できます(2020年の会員数が68,000名超、正確な比率は載っていないものの女性会員のほうが人数として多いので、仮に36,000人ほどの女性会員がいるとしたら、弁護士の女性会員の数は21.6人となります)。

ちなみに看護師は16位、保育士は「保育士」という職業としてランキングには入っておらず、5位の「介護・福祉関連職」もしくは23位の「資格関連職種」に含まれていると推測します。

成婚しにくい職業 ワースト7

同じくIBJさんの成婚白書より、「『職業』と成婚しやすさ」の下位7位を紹介します。

下に行くほど成婚しにくい職業となっています。

職業成婚しやすさ成婚者会員全体
自営業(会社組織・個人事業 )72.24%1.15%1.59%
パートアルバイト66.25%1.80%2.72%
家事手伝い62.58%0.83%1.33%
その他62.50%2.89%4.63%
経営者・会社役員40.90%0.23%0.56%
定年退職28.90%0.03%0.10%
農林水産関連職0.00%0.00%0.03%

「結婚したくないと思う女性の職業」ランキングに登場しがちな「医師」は全39種の職業のうち28位でした。

女性の技術職は結婚しにくい?

ところで肝心の「女性技術職」についてです。

先程と同様にIBJさんの成婚白書より、技術職と思われるものをピックアップしました。

職業成婚しやすさ成婚者会員全体
メーカー関連職113.07%1.40%1.24%
土木・不動産・建築系職種108.82%0.80%0.74%
IT関連職108.06%1.72%1.59%

なんと、全ての職種が成婚しやすさ100%越えです。

なので、技術職の女性が結婚しにくい、ということはないようです。

成婚しやすい職業を見ると、資格や技術などのあるいわゆる「安定した職業」が多いです。

その一方で、「医師」や「国家公務員」は若干不人気である傾向があるようです。

職業はどれくらい重視されるか?

実際、結婚をする際に男性は女性の職業をどれくらい重視しているのでしょうか?

こちらは厚生労働省の「平成25年版厚生労働白書 -若者の意識を探る-」という資料を参考にしました。

上記の資料に「結婚相手の条件として考慮・重視する割合」というものが出てきます。

2010年、10年以上前のデータですが、「職業」に関しては

重視する:4.7%
考慮する:37.1%

となっています。(https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdfより)

この調査の結果だと一般的には、男性が結婚相手に求めるものは

  1. 人柄
  2. 家事・育児への協力
  3. 仕事への理解
  4. 養子
  5. 共通の趣味
  6. 職業
  7. 経済力

の順で重視されているようなので、それほど重要ポイントではないようです。

まとめ

「職業」を理由にお断りをされてしまった私ですが、

  • そもそも男性で女性の職業を重視している方は少ないということ
  • 私の職業そのものがそこまで不利になるものではないということ

が分かりました。

しかし、たとえ重視している方が多く、かつ婚活向きではない職業だったとしても簡単に職業を変えることは難しいですし、私のように不利でない職業でも職業を理由にお断りされることはあります。

変えられない部分はどうにもできないので、他の部分で相手の方にアピールしていくのがいいのかなと思いました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA