youbride「一ノ瀬さん」3度目は小さな美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

youbrideで出会った同い年の一ノ瀬さんと、

人生初デートから1週間後。

私達は美術館に行くことにしました。

その美術館はそれほど有名ではないものの、

庭園やゆったりと食事のできるレストランが併設されており、

なかなか評判のいい場所のようです。

この日、私は一ノ瀬さんに「本名を聞く」ことを決意していました。

これまでに二度お会いし、ずいぶんと距離は近くなった気がしますが、お互いに本名を伝えていないままです。

と言っても、私はLINEの表示名である程度バレているとは思うのですが。

本当は前回聞こうと思ったのですが、タイミングが難しかったのと、単純に拒否されることが怖くて聞くことができませんでした。

ただ、これ先、一ノ瀬さんとの関係を築いていく上で、私にとって「本名を知る」ということはとても大切なことです。

この日はランチを摂った後に美術館や庭園を見る予定だったので、私は思い切ってランチで聞くと決めていました。

少しでも間ができたら聞く!

私はそう誓って、待ち合わせ場所に向かいました。

待ち合わせ場所に着くと、一ノ瀬さんはもういらしていました。

私の緊張は一気に高まります。

ただ名前を聞くだけ、それだけなのですが、今まで一ノ瀬さんが告げてこなかったことには何らかの意味があるのではないか……と変に勘ぐってしまいます。

ほんの少しだけ庭園を見て、レストランに入った私達。

思ったよりも隣の方との距離が近くて、この場で聞くより、先程、庭園を見ている時に聞いたほうがよかったのではないかと思い始めました。

むしろ、この後、もう一度庭園を見ることは確定しているはずなので、その時に聞いてもいいのではないか?

私の中に迷いが生まれます。

しかし、先延ばしにし続けて、前回は聞くことができないまま別れの時間になってしまいました。

だったらチャンスがあれば聞くべきです。

隣に座る人はしょせん、二度と会うことのないであろう他人。

どう思われても構わない……ハズ。

注文を終えて、メニューを返却したところで、私は思い切って一ノ瀬さんに声を掛けました。

「あの……、一つ聞いてもいいでしょうか? 嫌だったら答えなくても構わないので……」

「ん? なんですか?」

私が切り出すと、一ノ瀬さんは身構えたようでした。

「あの、お名前……、伺ってもいいですか? 私は○○といいます」

「ああ、そういえば、伝えてませんでしたね。僕は一ノ瀬○○です」

とあっさりと教えてくれる一ノ瀬さん。

「最初、何を聞かれるのかと思いましたよ」

一ノ瀬さんはそう言って笑いました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. もま より:

    こんにちは。はじめまして( ´∀`)
    ネット婚活経験者です。
    本名、私はメール交換の段階で初めて会う約束した時に、自分からサラッと本名は〇〇です、って、書いて送ってましたよ〜。
    これ、楽です。
    普通ならそれでお相手からも
    私は〇〇です、って教えてもらえます。
    変な男性の可能性大なら考えますが‥。
    下の名前だけでもいいと思います。
    シダさんのブログ、とても好感が持てて楽しみにしています。

    1. シダ より:

      もまさん、こんばんは。
      アドバイスありがとうございます!

      初めてお会いする前にメールで聞いてしまうのはいいですね!
      初回に会った際の挨拶の時に本名を伝えあうものかと勝手に思っていたので、本名を知らないまま何度も会うことになるとは思いませんでした……。
      これからは、もまさんと同じようにメールで伝えてみます。
      ありがとうございました。

コメントを残す


CAPTCHA