ブライダルネット「四宮さん」アート巡り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

ブライダルネットで出会った四宮さんと合流し、まずは駅を出ることになりました。

四宮さんに

「お腹すいてます?」

と聞かれたので、正直に「朝が遅かったのでまだすいてないです」と答えました。

そう、待ち合わせ時間は11:00。

予定のない休日ならまだベッドでゴロゴロしている時間です。

「僕もです。じゃ、まずは○○に行きましょう。面白いアートがありますよ」

アートという単語に戸惑う間もなく、四宮さんに導かれるまま向かうことになりました。

行く道すがらで四宮さんから、アートが好きでよく美術館めぐりをしていることを聞きます。

ブライダルネットのメッセージ内ではそんな話はしたことがなかったので、驚きました。

てっきり旅と本を愛する方だと思っていました。

私も頻繁に行くわけではありませんが、美術館に行くのは好きなので、「気が合うかも~~」なんとのんきに考えます。

目的地の建物は、建物自体を目にすることはあっても、内部まで入ったことはありませんでした。

中に入ってみると、面白い構造をしています。

展示されているこれまたおしゃれな絵を見たあと、2階にある雑貨屋さんに行きました。

四宮さんは雑貨も好きらしいです。ただし、見る専門でほとんど購入することはないそう。

「部屋に物が増えるのが嫌なんです」

と四宮さん。

本も読んだものは基本的に売って来たそうですが、現在は電子書籍に移行していっているそうです。

四宮さんと話をしていると「もしかして四宮さんはミニマリストなのかな?」という気がしてきます。

そうこうしているうちに私は少しお腹が空いてきました。

しかし、初対面の人に「お腹が空いた」とアピールするのもためらわれます。

最初の展示場を出て、食事の話にならないかと期待したのですが、

「この近くで面白いアート展示をやってるみたいなんで、そこに行きましょう」

と、四宮さんは私のお腹の具合には気づかず、細い道に入っていくのでした。

このお洒落な街は一本道を入ると雰囲気がまた変わります。

よく来ると言ってただけあって、四宮さんは迷うことなくどんどん進んでいきます。

私は徐々に、以前にもこの街に来たことがあることを思い出してきました。

会社の厄除けで来たときは、みんなでランチでもと言って裏道に入ったところ、ただの住宅街にたどり着いてしまい 結局駅まで戻ったのでした。

四宮さんならそんなことはなさそうです。

ここで四宮さんに逃走されたら、私は駅まで戻る自信がないななどとくだらないことを考えていると、白い小さな建物の前で、「ここです」と言ってくれました。

中に入ってみると天井からぶら下がる無数のモニュメント。

「現代アートの個展なんだよ。こういうの、面白いよね」

と四宮さん。

なるほど。

かわいいモニュメント、しかも、写真撮影OKということで、二人でお気に入りのモニュメントをスマホに納めました。

奥に進むと、大きな彫刻(?)とモニュメント、そして写真や絵などが展示されてました。

部屋は一室のみのようです。

でも、なかなか面白いです。

普段、私が美術館で見ているのは「ルーブル美術館展」みたいなものばかり。

主に西洋の油絵で中世のものが多いのですか、これは全く違う世界です。

見ていて楽しくなる感じ。

「今日の展示は当たりで良かった!  たまにハズレの時もあるから心配だったんだよね」

といつの間にかタメ口になった四宮さんも言っていました。

楽しいのはいいのですが、一つ問題が。

私の空腹は徐々に限界を迎え、今にもおなかが鳴りそうだったのです。

四宮さんと出会ったブライダルネットへの登録はこちらから

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA