アラフォー七城さん(6)仮交際中の初デートはレストラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

結婚相談所で出会った七城さんと仮交際に進むことができた私。

七城さんとはスムーズに初回のデートに日程を決めることができました。

日程がすぐに決まると、お相手の方の自分への優先度が高いような気がして嬉しく感じます。

もちろん、仕事の繁忙期や、どうしても外せない用事が入っていて難しい場合があるのも分かっているのですが。

七城さんとの初デートは落ち着いた雰囲気のレストランでのランチに決まりました。

ランチはコースメニューのようで、そこそこのお値段がするお店です。

お金で判断するつもりはなかったのですが、やはり良いレストランにお誘いいただけると、「私のことをよく思ってくれているのかな」という気持ちになります。

ワリカンだったとしても、安い居酒屋に連れて行ってもらったとしても、それでお断りすることは決してありませんが、「私にたいして興味ないのかな?」という疑問が浮かぶのも確かです。

ちなみに良いレストランと言っても、ドレスコードがあるお店ではなく、気軽に入ることのできるレストランなので安心です。

こうして迎えた当日。

私はいつものようにメイクをして、髪の毛をセット(?)して出かけます。

パーマもだいぶ取れてきて、私のテクニックではほとんどうねりを出すことができなくなってきていました。

電車の中で、フワフワパーマに昔のエビちゃんのような膝丈のスカートを履いた女性を見かけて、自分のパーマとの違いに愕然しながら、髪の毛をこの先どうするか考えました。

待ち合わせ場所に着くと、すでに七城さんはいらしていました。

前回よりのラフですが、ジャケットを羽織っており、こなれた雰囲気を感じます。

そういえば、見た目も悪くなく、話もしやすい七城さんが、どうして今まで結婚できなかったのかはちょっと気になります。

もしかしたら「できなかった」のではなく、「しなかった」のかもしれませんが。

気になるものの、過去の恋愛事情に踏み込むような質問であまりいい空気になったことがないので聞くつもりはありません。

私自身に恋愛経験がほとんどないので、お相手の方に気を遣わせることにもなりそうですし……。

ランチコースを頼んですぐに、七城さんからの話が始まります。

最初は天気や最近話題のニュースなど当たり障りのない内容です。

七城さんは話題をいろいろと振ってくれるので、話下手な私としてはとてもありがたいです。

質問をしたら、しっかりと返してくれるのも嬉しいです。

ちょうど前菜が運ばれてきて、会話が途切れました。

「ところでシダさんは、どうして婚活を始めようと思ったんですか?」

無難な話題が終わったと判断したのか、七城さんから尋ねられました。

この質問は婚活で何度か聞かれたことがありますが、なかなか答えるのに難しい質問です。

「そうですね、結婚したいと思ったのですが、なかなか出会いがないので」

私はこれまでの経験で導き出した最適だと思われる答えをお伝えしました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ベティ より:

    毎回読ませて頂いてます!七城さん良い人っぽいので上手くいって欲しい、、、。

    1. シダ より:

      ベティさん、コメントありがとうございます。
      七城さんはいい人でした~。
      婚活って難しいですね。

コメントを残す


CAPTCHA