同級生の五味さん(3)あっさりお別れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

結婚相談所で出会った同い年の男性、五味さん。

ゆったりとしたホテルのカフェでお茶をしながら、

五味さんの趣味である旅行の話を楽しみました。

その次は、コロナ禍で生活がどのように変わったかと言う話。

この話題も、今までに何人かの方と話をしてきたので、割とスムーズにお話をすることができました。

「僕は在宅のできない業種なので、ずっと出勤していました。シダさんがうらやましいです」

という五味さん。

五味さんは、窓口業務などがあるのでしょうか?

疑問に思い尋ねてみると

「いや、そういうわけではないんですが……」

と濁されてしまいました。

どうやらあまり聞いてはいけないことだったようです。

ちょっと失敗してしまったなと思いつつも、あまり落ち込みすぎないように心を持ち直すようにします。

その後もお互いの話をいくつかしました。

そして、一時間弱くらい経った頃でしょうか。

ちょうど五味さんと私が頼んだ飲み物を飲み終わったタイミングでした。

「そろそろ行きましょうか」

と五味さん。

私は同意して、五味さんと一緒に立ち上がりました。

お会計は、五味さんが持ってくださいました。

今までに出会った男性と同じく、払うと伝えたものの「いいです」と断られてしまいました。

まだ1時間くらいしか経っていないですし、食事をしてもおかしくない時間でもあったので、次のお店に行くのかななんて思っていました。

なので、お店を出たところで

「では、今日はありがとうございました」

と言われて驚きました。

えっ?

もうおしまい?

お見合いとはそういうものなのでしょうか。

私も五味さんにお礼を伝え、結局、1時間ほど話しただけでお別れしました。

確かこの後、「仮交際」に進むかどうかを決めるはずでしたが、勘違いだったのでしょうか?

私は結婚相談所のHPを確認しました。

やはり、お見合いの後には「仮交際」に進むかどうかを決めなければなりません。

「仮交際」というのは、正式な交際とは違い、お見合いの後、「何度かデートをする関係になる」というものです。

仮交際中は並行することも可能です。

この辺りは結婚相談所によって呼び方や定義などは異なるようです。

「本交際」というのが世間一般で言う「お付き合い」の状態です。

「仮交際」と言う言葉にはちょっと身構えてしまいますが、五味さんには好印象を抱きましたし、次にまた会ってみたい方でした。

家に帰って少し考えましたが、何度考えても同じです。

断られる予感しかしませんが、私は「仮交際を申し込む」ボタンをクリックすることにしたのです。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 匿名 より:

    いつの間にかコメント欄が!
    シダさんの絵柄あっさりしてて好きです。
    文章も読みやすくて、一気読みしました!
    陰ながら応援してます〜!

コメントを残す


CAPTCHA