結婚相談所へGO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

私はまず、近くの結婚相談所を調べることにしました。

大手の相談所ではなく、地域密着型の結婚相談所にすることにし、検索。

今まで知りませんでしたが、意外とあるもので、何軒かの相談所の中から2軒をピックアップしました。

1軒目は、仲人歴20年の女性が切り盛りしている相談所。調べる限り、一人で行っているようで、HPを見る限り私の理想に近い感じがしました。

2軒目は、夫婦で行っている20年近い歴史のある相談所です。個人的には女性の方にアドバイスをしてもらいたいので、「夫婦で……」と言うのはちょっと引っかかりました。

どちらも同じような成婚実績があり、同じように大手の連盟と連携していて紹介してもらえる会員の数はさほど差がないように見えました。

金額面でも大きな差はありません。

というか、私の通いやすい範囲での相談所の料金は、どこも似たり寄ったりでした。

ただ、

  • お見合い料がかかるかわりに月会費がない
  • お見合い料がかからないかわりに月会費がある
  • 月会費もお見合い料もどちらもかかる

などの差はありましたが。

私は余っていた年休を使い、1日のうちに2軒の結婚相談所を回ってしまうことにしました。

1軒目。

40代後半か50代くらいの女性が経営する相談所です。

成婚率の高さ、手作り感のあるHPと、優しそうな女性の姿に心惹かれて、予約をしました。

ただ、HPに掲載されている写真がいくら優しそうだとは言え、

他の方のブログで、相談所に行って手ひどいことを言われたというのを見ていたので、緊張しながら門をたたきました。

出てきた女性は……

やはりちょっと……いや、かなり写真とは雰囲気が違っていました。

もしかしたら別人なのでは? と一瞬思ってしまいましたが、

「代表の沢田です。どうぞよろしくお願いいたします」

と言って名刺を手渡されたので、やはりご本人のようです。

優しそうだと思っていましたが、実際に会ってみるときつそうな面立ちをしていました。

「まずはこちらへ記入を――」

と言って、カウンセリングシートのようなものを渡されました。

沢田さんはいったん席を外し、その間に私は記入をします。

カウンセリングシートは自分のプロフィール(最終学歴、所属先、年収、家族構成、趣味などなど)と相手の希望条件を記入するものでした。

私が記入をしていると、沢田さんがお茶を持って戻ってきました。

ちょうど私もだいたいの記入が終わったところでした。

私のカウンセリングシートを受け取った沢田さんは、代わりに相談所のパンフレットを私に渡しました。

どうやらまずは結婚相談所の紹介から始まるようです。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 

Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA