ハロウィンパーティーの苦い思い出 その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

渋谷のハロウィンの様子をテレビで見ていて

ふと思い出した、もう何年も前の話。

今ほど渋谷ハロウィンも盛り上がっていなかったころ……

たぶん7年くらい前の話です。

 

 

登場人物

綾香……社会人2年目くらい。「田舎から出てきた感じ」「垢ぬければかわいくなるハズ」と言われる芋ねーちゃん

A子……私の友達。過去、お世話になった

B子……A子の友達。私は人数合わせで行った合コンで一度顔を合わせたことがある

C子、D子……A子の友達、私とも面識あり

※今まで名前を付けていましたが、今回しか出てこないだろう人たちなのでイニシャルにしてます~

 

A子から

「B子の彼氏がハロウィンパーティーを主催しているんだけど

女の子が集まってないみたいだから来てほしい!

仮装とかもいらないらしいから」

と誘いのメールが来ました。

 

当時、A子と私は仲が良く、いろんな悩みを聞いてもらったり

一緒に遊んだりといろいろとお世話になっていました。

B子ちゃんのことはあまりよく知りませんでしたが、

A子からの頼みならば……!

と行くことを承諾。

メールのやり取りをしていくうちにC子さんとD子さんも行くことが決まり

会場には4人でお茶をしてから行こうか!と言う話になりました。

 

 

今もですが、私はハロウィン用の仮装グッズなど何も持っておらず

心配していたのですが

3人とも

「私達も持ってないから大丈夫! 普通で行こうよ☆」

と言っていたのですっかり安心して

私は秋物のブラウンのワンピースを着ていくことにしました。

 

 

 

そして当日……。

 

 

A子とC子さんは真っ黒な服を着ており、

D子さんはトレンチコートの前をしっかりと留めてやってきました。

ここで覚えるわずかな違和感……。

A子はもともと黒い服が好きですが

C子さんはどちらかと言うと原色などのはっきりした色が好きだったはず……。

黒い服で来るのはちょっと変に思いました。

するとC子さん

「今日は魔女になるんだ~。マントと大きいハットも持ってきたよ♪」

と言うではありませんか……!

え?魔女?

え?マント?ハット?

 

そしてA子も

「綾香、本当に普通で来ちゃったんだね。

ハロウィンの普通は、普段の普通とは違うんだよ~」

と言うではありませんか……。

 

 

え?

そうなの?

ハロウィンパーティーなんて参加したことなかったから知らなかったよ……。

仮装したほうがいいのか聞いた時も「普通でいいよ」って言ってたじゃない……。

 

 

でも、聞くと

「普通=凝った仮装ではなく、普段着に+αすればいい」

のような認識だったみたいで、3人はそれで通じていたので

私の常識がずれていたようです。

 

A子は

「綾香がこういうの慣れてないって分かってなかった、説明不足だったわ」

と言い、

お茶はC子さんとD子さん(コートの中はチャイナドレスだった)だけで行ってもらい

私とA子は仮装グッズを探す旅に出ることにしたのでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA