【結婚式当日】涙溢れるシーンは……!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式で泣けるシーンのナンバーワンって

「母への手紙」のシーンなんじゃないかと思っています。

友人代表の方の言葉などでも感動することはありますが

やっぱり、その友人と新郎新婦本人にしか分からない部分も多く

また、そもそも友人代表の言葉自体がない式も多い印象です。

実際、私たちの式でも友人の挨拶はなく、

直近で参列した友人たちの披露宴も挨拶はありませんでした。

 

 

母への手紙に感動するのって

やっぱり自分の立場と置き換えて感情移入しやすいからじゃないのかなと思います。

細かいエピソードに違いはあれど

「幼い頃や若い頃に苦労を掛けた」

「ずっと育ててくれて感謝している」

といった大きな流れは同じで、

また自分自身も似たような感情を親に対して抱いているからなのだと思います。

 

 

そんな母への手紙。

しかも、披露宴の中で私がしゃべるのはこの場面だけでした

(新郎である宇野さんは最初と最後に挨拶があります)。

 

 

それまで、ほとんど緊張せずに披露宴を楽しんできた私ですが

母への手紙の時間が近づくにつれ、少しずつ緊張感が……。

 

 

 

そして母への手紙の時間が始まります。

 

 

まあ、母への手紙と言うか

「家族への感謝の手紙」だったので

出だしは

「お父さん、お母さん」

でした。

 

 

内容は、、、

上にあるような今まで育ててくれた感謝を

具体的なエピソードとともに語る感じです。

「小さい頃、○○なことがあって、その時に△△してくれたね」

みたいな感じ。

 

 

全部で4分くらいの長さの手紙にしました。

あまり長いと、ゲストの方が飽きてしまうので……。

 

 

エピソードを選ぶときは「誤解を生まない内容」であることに気を付けました。

少ない言葉で語るので、「え?」「親、大丈夫?」「綾香、大丈夫?」みたいな風にならないように。

 

 

 

そんな感じで書きしたためた手紙。

噛まないように…

早口にならないように…

気を付けて

気を付けて

読みます。

 

 

 

そう、

そうして

必死に文字を追っていたら……

 

一粒の涙もこぼれないまま

 

 

 

手紙は終了。

 

 

 

噛まずに済んだし

たぶん聞きやすく話すことができたと思うけれど……

 

 

 

読むことに一生懸命になり

発表会のような感じになり……

自分の感情を入れることができず

全然、泣けなかった(T_T)

 

 

 

まあ、泣けなかったからと言って問題があるわけではないのですが

「母への手紙とか絶対泣かないわー」

と言いつつ、どこかで泣く気もしていたので

「あっ、本当に私泣かなかったわ……」

と若干驚いたのでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA