結婚式の打ち合わせでもめたポイント その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もうかなり前になりますが、

結婚式の準備をきっかけにケンカに発展(?)したという話をしました。

その後、結婚式の打ち合わせをしたときに、

もめたポイントを。

 

どこのカップルでもそうかもしれませんが、

やっぱりもめるポイントは「お金」

 

結婚式って「え、こんなことにもお金が発生するの?」っていうようなところにもお金がかかります。

例えば、テーブルクロスにもお金がかかるなんて

結婚式の打ち合わせをするまで知りませんでした。

まあ、クリーニングするのか新調するのか分かりませんが

どちらにせよお金はかかるので、ちょっと考えれば当たり前のことなのかもしれません。

でも、そういうあまり意識していなかった部分にもお金がかかってきて

結構驚きました。

 

 

ドレスなども値段の幅がすごくあるので、

プランナーさんに「いくらくらいの価格帯のものを選ぶ人が多いのか?」と聞いておき、

だいたいの予算を決めてから、試着に挑みました。

小物なども含めると予算オーバーでしたが、

その時は「こんなところにもお金かかるんだねー」ですみました。

 

じゃあ、何でもめたのかって言うと、

1つ目は「会場の装飾」です。

プラン内(無料)でできるもので済ませたい宇野さんと、

少しお金がかかってもちょっと豪華なものにしたい私とで意見が割れました。

私はテーブルの上の花ってけっこう印象に残るほうです。

 

写真に撮ったりもしますし、この花かわいいな~とか、飾りつけ素敵だな~とかも思ったりします。

一度、造花が飾ってあった時があり、「こんな分かりやすい造花の場合もあるのか!」と驚いたことも……。

そんな私の中ではプラン内のものだとけっこうしょぼく見えてしまい、

ちょっとランクアップさせたいと思っていました。

でも、宇野さんは

「花なんて誰も見てないでしょ」

っていう感じで……。

その後、話をしていく中で、「女性は案外見ているもの」ということは理解してもらえたんですけど、

ランクアップさせると結構お金がかかる(生花って高いうえにテーブル数分必要なので意外とガツンと来る)こともあり、

最終的に

「身の丈に合った結婚式にしようよ」

という宇野さんの意見に従うことにしました。

「花をケチったんだな~」って思われたくないっていう変なプライドがあるのかなって

自分でも分かっていたので、

そういうところにお金をかけるよりも、

料理とか引き出物にお金を割くことで納得しました。

 

長くなってきたので続きます。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA