【アラサーの婚活】アラサー女子に求められるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の記事を書いていて、

ふと「これってアラサーだから必要だったんだなぁ」

と思うことがありました。

私は婚活を始めたときに既に20代後半だったので分かりませんが、

たぶん20代前半だったら、「若い」というだけですでにかなりのアドバンテージがあるんじゃないかと思います。

自分自身を振り返ってみても

20代前半の私と20代後半の私で

20代後半の私が勝っているものって「年収(社会人経験とも?)」と「知識」くらい。

外見はそれほど大きく変わっていないですが、

やっぱり若いほうが肌もハリがあるし、若いというだけでその分かわいい(あくまで私比)。

そして、「可愛げ」や「素直さ」なんていうのも

若い時のほうがあったと思います。。。

 

 

そう、勝てるものが少ないのです。

だからこそ努力しなければならなかったんだ、と。

 

若ければ何の努力も必要ない、ということではありませんが、

20代前半の若い女性ではなく、20代後半、30代の私を選ぶ人は

20代前半の女性にはないものを求めているんですよね。

それが何なのか人によって違うとは思います。

 

でも、一度、はっきり言われたことがあるのは

「あなたと会ってみようと思ったのは、学歴と職歴からです」

ということ。

えええ、と思っていると、

「他にも若くて魅力的な女性はいましたが、残念ながらその方たちは僕の思うような

学歴や職歴を持っていなかった。

でも、あなたはその両方を満たしていた」

というようなことを言われました。

細かい部分はうろ覚えですが、内容としてはこのようなことを言われて、

「そんなはっきり言うの?」とけっこう衝撃でした。

まあ、つまり、この時思ったのは

「私と同等の学歴と職歴のある若い女性がいたら、私と会おうとは思わなかったんだろうな」

ということ。

 

同じアラサーでも私が北川景子とか石原さとみだったら別なんでしょうが、

婚活はまず条件で足切りされていくので、

これが現実なんだなぁと、しみじみと思いました。

 

 

でも、何人かに話を聞いてみるかぎり、少なくとも結婚相談所などのガチな婚活をしている女性は

仕事をしていない人や、していても仕事が特殊だったりすることが多いようです。

もちろん普通の人もいるんでしょうが、そんな人はものすごく競争率が高いので、

ハイスペックな男性が一瞬でかっさらっていってしまうのでしょう。

でも、やっぱり年を重ねると不利になるのも事実なので、

若い時よりはやっぱり何かしらの努力が必要になるのかなぁと思います。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA