招待客リストの作成は意外と大変

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

式場と日程が決まったところで、

私たちは早速、親族や友達に声をかけることに。

と、ここで問題が……。

私は深く考えずに、キャパの半分弱くらいの人に声をかければいいと思っており、

「それくらいの人数はいそうだな」

と考えていたんですが、

よくよく考えたら

席次を考えながら招待客を決めないといけないんですね。。。

当たり前のことなのに、気付いていませんでした^^;

 

 

式場によっては臨機応変にテーブルのサイズを変えてくれるところもあるようですが

(友達の結婚式では、親族用のテーブルだけ大きい長方形のものだったり

席の人数が少ないところは小振りのテーブルになったいたり

ということがありました)

私たちの選んだ式場はそういったことはできず、

サイズは一律で変更不可でした。

 

 

なので、まず悩んだのが親族を呼ぶ人数。

いとこや弟の式に倣おうと思うと、中途半端な人数になってしまいます。。。

会社(部署)のほうも同じ。

上司とリーダーとグループのメンバーと仲のいい同僚と……と思うと

ちょっとテーブルからはみ出ちゃうんですよねー。

 

逆に友達のほうは、中学、高校、大学、同期とくくろうと思うと

人数が少なくなるテーブルが出てきてしまいそう……。

 

 

バランスを取りながら誘うのってなかなか難しい。。。

 

家に帰ったら早速連絡しようと思っていましたが、

リストを前に頭を抱えることに……。

 

親族をどう招待するかは、親と相談しつつも宇野さんの方と合わせることにして、

会社と友達のほうをどうすべきか。。。

 

 

会社は上司は外せないので……と3人は決定。

他の席をどう埋めるか……

仲のいい先輩は呼びたいし、お世話になったリーダーも呼びたい……。

いろいろ考えていると声をかけたい人ばかりが増えていきます^^;

かと言って全員を呼ぶことはできないし。。。

 

 

招待客を決めるのって難しいと小耳にはさんだことはありましたが、

「呼びたい人を呼べばだいたい予定の人数になるし私は大丈夫。

困るのは極端に友達が多い人か少ない人かなぁ」

とのんきに考えていましたが、

自分も悩むことになるとは(汗)

もっと人生の先輩方の言葉にしっかりと耳を傾けておくべきだったと反省したのでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA