結婚は家同士の問題? その3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宇野さんのご両親から結婚に反対されてしまった私。

まずは宇野さんの気持ちを聞きたくて、

「宇野さんはどう思うの?」

と聞いてみました。

「ただ付き合っているだけじゃなくて、結婚するわけだから

綾香ちゃんのご両親も大事なのはわかるし、

僕の両親や僕の考え方とは違う部分があるのもわかるけれど、

だから結婚を辞めるかって言うと、そのつもりはない」

といった内容のことを言ってくれました。

 

 

ちょっと安心しました。

 

 

今回の結納の支払い問題の件に関しては、

事前に私は宇野さんにも確認をして、

宇野さんも私の家の考え方に納得していたと思っていました。

でも、そう思っていたのは私だけで、

宇野さんは本当のところはあまり納得はしていなかったようです。

 

ただ、それでも私の家には私の家なりの考えがあるんだろうと汲んでくれて、

私が支払することに口は出さずにいてくれたみたいです。

宇野さんのご両親は、娘がお金を出すなんてことを許さないと分かっていたので、

それに関しては助言をしてくれてもいましたし、

私も助言を活かそうとしましたが……。

当日上手くいかず、結局、両家に亀裂を入れてしまうようなことをしてしまいました……。

 

 

「たぶん、結婚式でも似たようなことをが起こりかねないから、

今度はもっときちんとお互いの意思疎通を図って、

計画を立てるようにしよう」

と宇野さん。

 

確かに結納が決まったころには結婚式の準備も始まっており、

そちらもやることがたくさんあって、

よくないんですが、なあなあにしてしまった部分はあったとお互いに反省。

 

 

産まれた地域も環境も違い、

それぞれに考え方も違いますが、

できればみんなで仲良くやっていきたいです。

 

 

そのためにも、もっと両家の意向をきちんと確認し、

私と宇野さんですり合わせを行っていかなければいけないと

改めて感じました。

 

 

結婚式では何の問題も起きないよう、今度こそ頑張りたいと思います。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 匿名 より:

    色々検索かけてたら辿り着きました。私も婚活半年前くらいから始めた同い年男です。地方住まいで、学歴や年収はよいとはいえず、そこに加えて転勤ありという条件で苦戦してます。記事を読んでいると、私も綾香さんの前に砕けていった者たちのようなことをしていたなぁと反省する点もありました。温泉は封印しようと思います。
    バイタリティーというか頑張りというかすごいですね。
    私は相談所では申し込みの段階で断られ、パーティーでついにマッチングした方には告白してお断りされ、心が折れてきています。地方では転勤ありの条件が厳しいとのことで転職した方がいいのかなと思い始めたところです。転職の話をして告白してくれる方もいませんが。
    付き合ってからがデートとかと思っていましたが、そうでもないんですね。勉強になりました。

    うまくいったという記事を楽しみにしてます。

  2. ぺんぎん より:

    綾香さん、お久しぶりです。
    結婚式が近くてバタバタしてる感じでしょうか?
    無理なく頑張ってくださいね。
    私もやっと婚約しましたが、まだ結婚式するか決まってません。
    夢見た結婚ですが、決めることが多くて大変ですね。
    また、ブログ楽しみにしてますね。

コメントを残す


CAPTCHA