結納当日(3) 滞りなく終了したかに見えたが……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宇野さんのご両親と宇野さんが会場に戻られ、

両家で簡単に自己紹介をした後、

とうとう結納が始まります。

前回の記事で、段取りの書かれている紙が用意されていたと書きましたが、

それに加えて、リハーサルの時同様、

ホテルの担当の方が、言うべきセリフ、タイミング、動作などを

指示してくださったので、

結納自体は滞りなく終了しました。

 

そして、婚約指輪を宇野さんが私の指にはめてくれるという儀式を行いました。

「撮影タイムですよ!」

と、担当の方がおっしゃり、

宇野さんのお母さんが宇野さんのカメラで、

私の母が私のカメラで、それぞれ撮影を行ったんですが……

宇野さんのカメラに残されていた写真はなぜか色が緑になっていて(なにかの設定を間違えていじった??)

私のカメラに残されていた写真はすべてがピンボケorブレブレ。

シャッタボタンを押すだけできれいに撮れるはずのデジカメなのに、

何がどうしてこうなったか分からない写真だけが残されました……。

「スマホよりきれいに撮れる!」と思って親に預けましたが、

スマホで撮ってもらったほうがよかったかもしれません^^;

 

そして、その後は、プロのカメラマンによる両家の写真撮影。

と言っても、一列に並んで数枚の写真を撮るだけですが、これも記念だと思って。

簡単な台紙に写真をはめ込んで、数週間で家に届くそうです。

 

そうして結納が終わり、ホテルの方も退出され、

食事会がスタート。

あいさつで利用したホテルよりも食事がおいしかったのはよかったのですが、

会話は全く盛り上がりません。。。

宇野家+私で話すことが多く、私の両親はあまり話をしませんでした。

もちろん、全く話さないわけではなかったですよ!

結婚式や新婚旅行の話など、少しは盛り上がった話題もありました。

でも、やっぱり全体的にはみんな緊張していたのか、

賑やかな会という感じにはならず、たまに沈黙もありました。

 

 

そんな感じで結納と食事会は終了。

最後に私の家に全員で向かい、

私の小さい頃のアルバム写真を見ながら軽くお茶をして、

宇野さんと宇野さんのご両親は帰って行かれました。

私の家ではアルバムという話題があったおかげか分かりませんが、

両家ともに和やかに会話ができたのではないかと思います。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA