相談所「宇野さん」(20) 一度会って話してみることに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相談所で出会った宇野さんに、交際を申し込まれた……あと、

どういう答えが出るにしても「もう一度話をしたい」という思いがあったので、

宇野さんに「話をしたい」旨の連絡をしました。

電話でもよかったのですが、

直接のほうが望ましいし、

出来れば早いほうが嬉しい

という希望を伝えたら、なんと次の日の仕事帰りに会うことになりました。

 

 

「あれは本気の言葉だったのか?」

「婚活歴が長くなりすぎて、都合のいい夢でも見たのか?」

と思う気持ちもありましたが、

「話をしたい」と言ってすぐに通じたところから、どうやら夢ではなかったようです^^;

 

 

 

会うはいいけど、何を確認しようとしてるのか……。

正直、ぼんやりとしか分からない部分もありました。

会ってまともな話ができるのかも分かりませんでしたが、

とにかく会うことに。

 

私と宇野さんの職場はけっこう離れているので、ちょうど中間地点、

かつ、お互いの家からも割と行きやすい駅の喫茶店で会うことに。

私のほうが先に着いたので、私が適当な場所を選ぶことになり、

先に軽くご飯を食べつつ、宇野さんを待っていました。

 

しばらくすると宇野さん到着。

 

時間も無限にあるわけではないので、注文を終えると

さっさと本題に。

 

 

そこで話したのは、疑問に思っていたこと。

  • この前は酔っていたけれど言ったことは本気?
  • どうして急に付き合おうと思ったの?
  • 結婚しようっていうのも本気なの?

 

 

 

急に付き合おうと思った理由に関しては

宇野さんとしては別に急な話ではなかったらしいです。

ずっと考えていたことだったけれど、なかなかタイミングがなかった、と。

で、そこに私の転職話がわいてきて、

私が地元に戻ってしまうと思ったとのこと。

私は別に地元に戻るつもりは全然なくて、

転職活動もメインは都内、たまに神奈川、って感じなので

ここは宇野さんの勘違いですが、

結果的にその話を聞いて焦った宇野さんが

「付き合おう」

と言ってくれたみたいです。

 

 

 

「結婚しよう」といったことに関しても

「遠い将来のいつか結婚しよう」という

学生の時に言うような本人同士は真剣だけど実現性の低い話ではなくて

「近い将来」の話として真剣に言ってくれていたようです。

そんな話をしていると

「来週の土日、暇?」

と聞かれ、特に予定もなかったのでその通りこたえると、

「じゃあ、うちの親に会いに行かない?」

と言うではありませんか。

 

 

お、親に会う……!?

 

またまた突然の展開にちょっとビックリして、

「そもそも、まだ私返事してないし」

と言うと、

「え、付き合わない?」

と宇野さん。

私は結局、

「付き合う……」

と言ったのでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ピクミン より:

    そもそも男が女性の両親に挨拶に行くのが先だと思う。宇野はどこか優柔不断な所が見え隠れしてる気がする。まあそうも言ってられない状況ですけど…

  2. 私も宇野さんにします より:

    私も、男性が女性の両親に挨拶に行くのが先だと思います。
    一応プロポーズもされていますし、結婚の挨拶ですよね?
    婚活していると宇野さんのような男性が本当に多くて、まず先に自分や自分の親のことを考える人なんだろうなと思えてガッカリします。
    「先にきみのご両親に結婚の挨拶をしたい」と言ってほしいという期待もあるんでしょうね。
    仕方ないですし、いちいち文句言っていたら結婚できなくなりそうなので、思うだけですけどね…

  3. 私なら宇野さんにします より:

    「私も宇野さんにします」さん、申し訳ありません。
    上のコメントの名前を間違えました。
    私なら宇野さんにします より。
    綾香さん、私信申し訳ありません。

コメントを残す


CAPTCHA