ファニーキープスで花ちゃんの結婚が決まった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴールデンウィーク、久しぶりに花ちゃんと会うことになりました。

花ちゃんは婚活仲間で、以前はよく一緒に合コンに行っていましたが、

私が結婚相談所に入ったり、仕事が忙しかったりで、最近はめっきり会う機会が減っていました。

ちなみに私も花ちゃんも31歳の同い年です。

都内某所のカフェでお茶をして、まずは近況報告。

 

……しようと思ったのですが、私の視線は花ちゃんの左手の薬指にきらりと光る指輪に釘付け。

「花ちゃん、もしや、その指輪は……」

「あ、そうなの。私、結婚することになったんだ」

やっぱり!!!

「おめでとう!」

とお祝いの後、

「いつから付き合ってたの?」

「相手はどんな人?」

と思わず矢継ぎ早に質問をしてしまいます。

 

「付き合い始めたのは今年に入ってからかな。相手は3つ上の普通のサラリーマンだよ」

「スピード結婚! 羨ましい! どこで出会ったの?」

なかなか進展しない私としては本当に羨ましい限り……。

「親に勧められて結婚相談所に入ることにしたんだけど、そこで」

「えっ、結婚相談所? 私も結婚相談所に入ってるけど、花ちゃんはどこに入ったの?」

ファニーキープスっていうところ。大手じゃないから知らないかな」

結婚相談所に入会する前に何か所か調べてみたり、実際に見学に行ったりしましたが、確かに聞いたことがない名前でした。

花ちゃんと別れた後、気になったので家で調べてみましたが、

ファニーキープスさんは神奈川・新潟・京都の3支店の結婚相談所。

失礼ながらこういう小規模な結婚相談所って会員数が少ないと思っていたのですが、

IBJなどの3社と連携しているので、トータルの会員数は12万人以上になるらしいです。

(あれ、大手だと思っていた自分の入っている相談所より多いぞ……)

「店長さんのブログとか口コミを見ていて、結構親身になって相談してくれるところがいいなぁと思って、ファニーキープスにしたんだよね。大手だとけっこう放置だっていうし、私はサポートしてくれる場所のほうがあっている気がしたから」

「確かに大手は放置だって聞くし、実際に割と放置だね」

放置されても、まあ、会えているからいいのかなぁと思っていましたが、ひたすらデートを重ねるだけで進展していない現状だと、サポートがあったほうがうまくいきやすいのかもしれないとも思います。

 

 

「けっこうたくさんの人と会ったの?」

と、私。

「5人くらいかな? 3人目で今の彼と出会ったらそんなに多くの人とは会わなかったな~」

「そうなんだ、意外と少ないんだね」

「うん。まあ、プロフィールで良さげな人をある程度選別できるからね」

確かにそこは結婚相談所のいいところ。

自称ではなく、信頼できるプロフィールを見れるのでスムーズです。

「でも、3回会っても何も言ってくれないから、だめだと思ったんだけどね~」

「そうなの?」

「だから、4回目の時に『あなたが私との今後を考えられないなら、もう会えない』って言ったんだよね」

「えっ、すごいね!」

「だって時間を無駄にしたくないし」

「確かに……」

なんだか耳の痛い話です。

「そうしたら、5回目の時に『結婚を前提に付き合ってほしい』って言われて、そこからはトントン拍子。このゴールデンウィークにお互いの両親にあいさつに行ってきたよ」

「おお、どうだった?」

「無事に結婚の許可もらったよ」

「よかったね~」

「まあ、二人ともいい歳だからね~」

花ちゃんは幸せそうに笑いました。

笑顔と指輪がまぶしい……!

この日、花ちゃんは終始にこにことしていて、とても幸せそうでした。

私も早くけ結婚したい! と強く思いました。

 

 

花ちゃんは、結婚相談所で活動していたという点は私と一緒ですが、結婚相談所との関わり方は私とは結構違う印象を受けました。

私は入会の時には話をしましたが、その後はあまり……という感じです。

花ちゃんは会っている人との関係などを相談してきたようです。

そして、私は結婚相談所を選ぶときに

「申し込みの時点で相手の写真を見ることができる」

ということを割と重視したのですが、ファニーキープスさんも見られるようです。

いわゆる「大手」と呼ばれる結婚相談所しか見ずに決めてしまったのは

ちょっと失敗だったかなぁと思ったのでした。

 

花ちゃんが成婚したファニーキープスさんはこちらから

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA