相談所「学芸さん」(5) 2回目は観光デート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相談所で出会った35歳の学芸さん。

残業が多いイメージのある私の現職にいいイメージを持っておらず

私に別業種への転職もしくは専業主婦になることをすすめてくれていました。

私自身思うところあって転職活動はしているものの

現在の転職活動の方針はおそらく学芸さんの思うものとは別のものになっていると予想。

前回は初回だったこともあり、

「転職活動をしていることを言うのは微妙かなぁ」

と思って何も言いませんでした。

 

でも、よくよく考えているうちに

学芸さんと結婚する確率がゼロでない現状で、

学芸さんから結婚の条件(になるのか?)として

「専業主婦になるか転職してほしい」

とやんわり言われているのであれば、

現在の転職活動の状況についても

多少なりとも話しておくべきなのかなぁと思うように。

 

そんなわけで2度目にお会いした日は

観光みたいなデート+夕飯になりそうだったので、

夕飯の時に話をしようと思い出かけました。

 

観光みたいなデートについては、

それなりに楽しく終了。

まだ打ち解けていない部分もあり、私は硬い感じでしたが、

学芸さんがけっこう話を振ってくれたので

変な沈黙が続くこともなかったです。

そういえば、「初めてのデート」みたいなのをするのも久しぶりだなぁと

しみじみ。

 

デートみたいな時間は、落ち着いて話せる環境じゃないので、

お互いに真剣な話をするというよりは

その場その場で見たものや感じた事の感想や、

雑談のような話をする感じでした。

 

上にも書いたように打ち解けるにはまだ早いと感じましたが、

大きな違和感などはありませんでした。

 

 

そして夕飯タイム。

料理を注文してしばらくは、今日の感想を話していましたが、

学芸さんも結婚について確認したいことがあったのか

徐々に結婚の条件(と言っていいのでしょうか)の話に。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA