相談所「宇野さん」(13) 私たちのホワイトデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バレンタインでチョコを渡した宇野さんとホワイトデーデート。

宇野さんはホワイトデーなんて意識していないのかな、と思っていましたが、

夕飯で言ったレストランで「ホワイトデーだし」という言葉が聞けました。

告白も何もしていないにもかかわらず、

ちょっと期待してしまう私。

 

でも、やっぱり自分は何もしていないのに、

期待してしまうのが都合がよすぎたようで、

何事もないまま食事は終了。

 

 

あ、イタリアンは雰囲気もよく、

ワインも料理もとてもおいしく、

会話も弾んで、

素敵な時間を過ごせたと思っています。

 

 

どうやら宇野さんからのお返しは、

この食事だったよう。

行き当たりばったりで入ったお店がお返しかぁ、とちょっとガッカリ。

 

 

やっぱりバレンタインに何かアクションを起こすべきだったかなぁ

と少し後悔しました。

もちろん、踏み出す勇気がないという部分も少なからずありますが、

今後、ただの交際にとどまらず結婚まで突き進んでいく上では、

宇野さんからアクションを起こしてもらったほうがいいと

判断を下したのは私なので仕方がないです。

経験上、押せば付き合うことはできる感じもしましたが、

結婚までは至らない気がしたので……。

 

 

 

 

そして、お会計を済ませてくれた宇野さんにお礼を言い、

お店の外に出て少し歩き始めたところで、

「あ、そうだ」

と宇野さん。

「これを渡すのを忘れていた」

そう言いながら、鞄の中からチョコレート有名店のパッケージを取り出してくれました。

 

期待はもちろんしていましたが、

諦めていたので、

本当に嬉しかったです。

 

 

モノが欲しい、というわけではないんですが、

自分のために相手が貴重な時間を割いて何か選んでくれたということが嬉しかったです。

「ありがとう! すごく嬉しい」

私は素直にそう言って受け取りました。

 

 

昔だったら

「えっ、悪いからいいよ~~」

と言っていたと思うのですが、最近は前よりは多少、素直に喜びを表現できるようになってきました!

 

 

宇野さんとの関係は一歩前進!

とはなりませんでしたが、

嬉しいホワイトデーとなりました。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA