相談所「沼部さん」(14) やっぱり無理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相談所で出会った沼部さん。

再三、「温泉に行こう」と言われ、

けっこううんざりしていた私。

例え沼部さん自身にそう言った意識はなかったとしても

温泉と言う場所の提案をしてくることが、

何かしらの下心を感じずにはいられませんでした。

もちろん、混浴や家族風呂を提案されたわけではないんですし、

自意識過剰と言われてしまえば

それまでなんですが、

嫌なものは嫌。

 

それでも、クリスマスにはプレゼントをくれたり、

積極的に私を誘ってくれたり、

好意を隠さずにいてくれたり、

けっこう優しかったり……。

いいところもたくさんあります。

 

条件を見ても、公務員だし、年収も悪くありません。

年齢も一つ下で、私の理想とする範囲内に入っています。

宇野さんとうまく以下なった時の保険……

的な後ろめたい気持ちも多かれ少なかれありました。

 

 

でも、

なんだか唐突に

「もう無理だ」

と思ってしまったのです。

宇野さんとうまくいかなくても

沼部さんになびくことは絶対にないだろう、

そう思ったのです。

 

 

映画の約束はしていましたが、

チケットを予約をするにしても、まだ予約開始している時期ではなかったので、

もう会うのもやめにして、

きっぱりお断りしよう。

 

 

そう思いました。

 

 

そこでまずはLINEで

  • 映画に一緒に行くことはできなくなったこと
  • 価値観の違い(と言うのか分かりませんが)を感じたのでもう会えないこと
  • 沼部さんにいい出会いがありますように的な定型文

を送りました。

 

そして、速攻で結婚相談所のシステムを開き、

システム上からも

「お断り」

を……。

 

 

沼部さんからは

  • 何が悪かったのか
  • 悪いところがあるなら直す
  • もう一度チャンスが欲しい

と言った内容や

電話が何度かきましたが、

返信もせず、電話に出ることもしませんでした。

 

 

その後、数日にわたって何度か電話がありましたが、

無視していたらこなくなりました。

 

 

こうして沼部さんとの関係は終了しました。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA