相談所「調布さん」(4) お金に細かい男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相談所で出会った調布さんと2度目で食事に行きました。

 

レストランに入るまでの間に若干、不穏な空気は流れたものの、

注文後は穏やかに仕事の話などをしていました。

そうして、しばらく歓談していると、食事が運ばれてきました。

二人ともパスタを頼んだのですが、

「綾香ちゃんのパスタ美味しい?」

と聞かれたので

「まあまあ美味しいですよ」

と言うと

「そうなんだ。こっちは金額の割にちょっと……て感じ。1500円もするのにけっこう微妙。800円なら妥当な味」

と言ったこと。

確かに絶品だったわけではないですが、店員さんもいるのに平気でそんなことを言わないでほしいな、と。

 

 

そうして、お酒が回ってきたのか、顔が真っ赤になってきた調布さん。

顔に出やすいだけなのかな?と思って聞いてみると、

「けっこう弱い」

とのこと。

ならなぜワイン2杯目いったんだ……。と少々疑問に思う私。

 

 

「綾香ちゃんはあんまり飲まないの? それノンアルだよね」

と調布さん。

「飲み会とかでは飲みますけれど、普段はあまり飲まないですね」

「飲み会って結構多いの?」

「うーん、部署で決まった飲み会は少ないですけれど、ちょっと残業しているときにその場にいるメンバーでちょっと飲みに行く、とかは月1くらいでありますね」

「へ~、それっておごり?」

「いえ、割り勘が多いですかね」

「えー、そうなの? 誰が声をかけて集まってるの?」

「うーん、部長が多いですかね」

「部長がいても割り勘なの? おごりじゃないの?」

「まあ、大目には出してくれますけれど……」

「おごりじゃないのに行くの?」

「付き合いもあるし、行けば楽しいですし」

と、この辺で私はちょっと面倒になってきていました。

月1のちょっとした飲み会が奢りだろうが奢りじゃなかろうが、あなたには関係ないでしょうが。

と言う気持ちがふつふつと湧いてきます。

 

 

なんでこんなに追及されなくちゃいけないんだ、と思っていると

「でもさ、部長って1000万くらいもらってるでしょ?」

と調布さん。

「……さあ、分かりません(本当に知らない)」

「え、知らないの? 課長がいくらとか部長がいくらとか」

「知らないです」

「ふうん。ちなみにうちは課長で1000万円、部長で1500万超えるよ」

 

そうですか。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA