相談所「沼部さん」(2) ひたすらおとなしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相談所でアドバイザーさんに紹介されてお会いすることになった沼部さん。

写真よりも男性的な見た目に反して、沼部さんは大人しい男性でした。

まず、アドバイザーさんから二人の簡単な紹介があったのですが、沼部さんの紹介が終わった後、

 

「はじめ…………です」

とおっしゃいました。

聞き取れませんでしたが、

「初めまして、沼部です」

とおっしゃったのでしょう。

 

相談所内は軽やかなBGMが流れていたり、他のブースで多少話している声が聞こえるとはいえ、

喫茶店などに比べるとだいぶ静かな空間です。

それで聞こえないとはなかなか……。

私も声が大きいほうではありませんが、

おそらくその私を上回る小ささです。

 

沼部さんは趣味の欄に「テニス、フットサル」と書かれていたので、

もっと元気なスポーツ少年(少年ではないですが)と思っていたのです。

見た目も濃いし。

なのに、蚊の鳴くような声!

 

 

 

毎度のことですが勝手にイメージを作り上げていた私としてはちょっとびっくり。

 

 

そして、お互いの紹介が終わり、アドバイザーさんが退出した後に流れる沈黙。

 

 

ここは私の出番のようです。

「沼部さんはテニスやフットサルがご趣味なんですね。学生の時から続けられているんですか?」

「テニスは中学の時から、フットサルは社会人に入ってからです」

「そうなんですね。テニスは長いんですね~。高校、大学もされてたんですか?」

「はい」

「テニスは何歳になってもできるって言いますよね」

……しーん。

あれ? まずいこと言ったかな??

 

 

趣味と言う無難な話題をチョイスしたつもりが、NGな話題だった?

と(たぶん)5秒くらいの間にいろいろな思いが巡ります。

 

 

「確かに、年をとってもプレイされる方はいますね。でも、やっぱり若いほうがいいですよ」

私がそんなことを考えていると、沼部さんから返事が。

ただ単に少し考えていただけのようでした。

 

 

その後も、フットサルからサッカーの話題に発展しましたが、終始似たような感じ。

 

こちらから質問して、返事が着て、また質問して、返事がきて、の繰り返し。。。。

 

ちなみに質問しないと話題が終わります^^;

 

 

先程のテニスの話題で

「若いほうがいい」

との言葉に、

「そうなんですね。年を重ねると技巧が身につくから案外若い人ともやりあえるって、何かの小説に出てきたのでそういうものかと思っていました。でも、第一線で活躍しているプロで40代や50代の方とかは少なそうですもんね~」

と返したら、返事がありませんでした……。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA