相談所「沼田さん」(8) 質問の真意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚相談所のアドバイザーさんから紹介された沼田さん。

初回から服のブランドからサイズまで根掘り葉掘り聞かれて

ちょっと嫌な気分になった私。

システムを通じての出会いではなかった(マッチングしてない)ので

「お断り」ボタンを押すことも出来ず

フェードアウトしようとしても

「もう少し考えてみて」

とアドバイザーさんに言われてしまっていました。

 

まあ、考えろと言われても、嫌なものは嫌なので……と思っていたんですが^^;

 

 

 

そんな中、再びアドバイザーさんから電話がありました。

アドバイザー「前回、いろいろと細かいことを聞かれて嫌な気分になったとおっしゃっていましたよね?」

綾香「(またその話か……。テンションダウン)」

アドバイザー「その件なんですが、どうやら私のせいだったようです」

綾香「え?」

アドバイザー「私がつい、『綾香さんはもうすぐ誕生日なので、もし綾香さんのことを気に入られたら、プレゼントを贈られたらいかがでしょう?』とアドバイスしてしまったのです」

綾香「そうなんですか」

勝手に誕生日を洩らさないでほしいものです。

まあ、結婚相談所の情報には誰にも言っていない年収の情報含め、家族構成や学歴など事細かに個人情報が載っているわけですが……。

アドバイザー「それで、綾香さんがどのようなものをお好きか一生懸命リサーチしようとしたようなんですよ」

そういえば、あの後きた連絡に

綾香さんに喜んでもらいたくて

綾香さんのことをいろいろ知りたくて

失礼なことを聞いてしまっていたらごめんなさい。

と書いてあったような……。

 

喜んでもらいたくて=誕生日プレゼントを贈りたくて

ということだったのでしょうか……。

 

申し訳ないけれど、出会って間もない人からプレゼントは受け取りたくないです。

 

 

 

 

「沼田さんの気持ちは嬉しいんですけれど、やっぱりこれ以上お会いするのは難しいです」

私はそうお伝えしました。

 

 

アドバイザーさんはその後何度か食いついてきましたが、

最終的には納得してくれました。

アドバイザーさんに納得してもらう必要があるようなことだったのかよく分かりませんけれど、

とにかく終わってよかったです。

 

アドバイザーさんの性格(相性?)にもよるんでしょうけど、

アドバイザーさんからの紹介は結構面倒なことになるんだなぁと思いました。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA