友人の紹介「千鳥さん」(5) 気分が乗らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

友人の紹介で出会った千鳥さん。

初めてのデートで行った映画の帰り道、その日見た映画の原作の本を貸してくれました。

私は本は割と好きなほう。

最近はめっきり読む機会も減ってきてしまっていましたが、いい機会だと思って千鳥さんからお借りした本を読むことにしました。

 

次に会う日も決まっていたし、

それまでに読まなきゃ!

という気持ちももちろんありました。

 

 

でも、何だろう……。

自分で選んだ本ではないということや、あまり読むジャンルではなかったこともあり、なかなか進まない……。

 

しかし読まねば……。

 

 

 

読まないといけない、という強迫観念(?)があったせいか、

そもそもそのジャンルとは相性が悪かったのか分かりませんが、

本自体を楽しんで読むというよりも、夏休みの宿題の課題図書をこなしているような気持ちで

無心で読み進めました。

そして何とか読了。

 

 

それにしても……、

久が原さんとの件があってから日がまだ浅いせいなのか分かりませんが、千鳥さんとのデートに気分が乗らないです……。

いや、千鳥さんと合わないだけなのかもしれないんですけれど。

 

 

何度か会っていくうちに、この気持ちにも変化が訪れるのかなぁ、とちょっと疑問ではありますが

失恋してから日が浅いせいだったら、少しずつ傷が癒えると同時に千鳥さんへの気持ちも高まるかもしれない、

そうなると良いなぁと思って、私は二度目のデートに向かうことにしました。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA