おみパ「久が原さん」(35) facebookを検索する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

久が原さんが既婚かどうか、探偵に依頼するのが確実ですが、金額が高くて躊躇してしまいます。

本当は本人に直接聞くのが一番なんでしょうが、生半可な聞き方だと久が原さんは否定するでしょうし、どのように聞けばどんな回答でも納得できるのか、今はまだわからないのです。

でも、ただただ時間が過ぎるのを待っていることもできず、私は自分で調べてみることにしました。

私は久が原さんとSNSで一切繋がっていませんし、今まで久が原さんを探したこともありませんでした。

私の性格上、久が原さんを見つけ、SNSでつながったら、「こんなにかわいい子と友達なのか」とか「この女性、よく久が原さんの投稿にコメントしているけれど、何者?」などなど、妄想で苦しんでしまう気がしたのです。

ちなみに前の前の彼氏の時に、こんな妄想でプチ苦しみました^^;

 

調べる前に、「調べて何も出なかったら、どこまで調べ続けるか」というラインを決めることにしました。

久が原さんが独身で、本当にもえさんがお母さまだった場合、どこまで調べても何も出てきません。

逆に何も出てこなかったからと言って、独身だという証明になるわけではないのですが、永遠に調べ続けるわけにはいかないのでどこかでやめて、プロに頼むか、信じるかを決めなければなりません。

 

 

私は、facebook、twitter、mixiでそれぞれ本人を探し(そもそも利用しているかわかりませんが)、久が原さんを20分以内に見つけられなかったらそれで終わり、久が原さんを見つけて、かつ投稿が公開されていたら結婚式もしくは入籍の投稿を探そうと思いました。

投稿の調査は一つのSNSにつき1時間くらいでいいか、となんとなく考えました。

※時間に根拠はなく、感覚的に決めました

 

 

久が原さんの電話を見てしまった翌日、仕事中もどこか上の空気味だった私は早めに仕事を切り上げ、まず王道のfacebookで検索をしました。

facebookは本名で登録しているケースがほとんどなので、久が原さんはあっさり見つかりました。

でも、久が原さんはプライバシーの管理をしっかりしているようで、投稿は全然見ることができませんし(もしかしたらそもそもないのかもしれませんが)、友達一覧も非公開になっていました。

収穫はゼロ。

 

次は「もえさん」のほうを調べてみます。

もえさんが久が原さんの奥様だと仮定した場合、条件に一致する人はいませんでした。

ちなみに条件というのは、「居住地、年齢」などです。

ヒットしたもえさんは学生だったり、現在の居住地が九州や北海道だったりしたのです。

もえさんがお母さまだったとした場合もヒットする人はいませんでした。

まあ、母親世代はSNS世代ではなく、SNSを使っている人も少なそうなので、当たり前かもしれません。

 

次に私はtwitterを検索することにしました。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA