おみパ「久が原さん」(23) 敬語は今日で終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「そういえば、いつまで敬語で話してるの?」

突然久が原さんに言われました。

文章にするとちょっときつく見えるかもしれませんが、ちょっと拗ねているような口調でした。

「放っておけばいずれ普通に話すかと思ったけど、全然変わらないよね。もう付き合ってるんだから、もうちょっと打ち解けた話し方してよー」

「あ、ごめんなさい」

婚活で出会った男性には敬語で話すのが癖になっていた私。

でも、彼氏に敬語というのは変なのも確か……。

そんなわけで、

「これからは、ため口で話すようにする!」

と久が原さんに誓ったのです。

名前も今までは名字で呼んでいましたが、これからは名前+さん付けで呼ぶことにしました。

ブログではややこしいのでこれからも久が原さんと記載しますが、この日から名前で呼ぶことになりました。

 

そして、もともとため口だった久が原さんにも変化が。

私のことを「綾香」と呼び捨てにするようになったのです!!!

ちょっとむず痒いような恥ずかしい気持ちになります。

社会人になると男性に名前を呼び捨てにされるような機会は、本当に彼氏相手くらいしかないので、、、とても久しぶりだったのです。

ちょっとではなく、だいぶ照れました(>_<*)

 

 

ともあれ、そんな会話をしているうちに、あっという間に時間は流れ……。

私は帰らないといけない時間になりました。

正確には終電までにはまだ時間がありますが、羽田空港までは乗り換えが数回。

金曜日の終電は遅延が多く、最初に乗ったA線で遅延が発生すると、B線は待ち合わせてくれますが、最寄り駅のあるC線は待ち合わせてくれないので、結果的に最終に間に合わなくなったりするんですよね。

ちなみにこれ、仕事で何回かやってます^^;

会社だとこういった遅延が原因で終電を逃した場合は、タクシー料金が出るんでいいんですけれど、今はプライベート。

もっと一緒にいたい気持ちはありますが、帰らねばなりません。

 

私たちは立ち上がりました。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA