おみパ「久が原さん」(22) 連絡頻度について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

付き合い始めてすぐに連絡が減ったこと、私は少し、というかかなり気にしていました。

今は少し増えてきて1日2往復とか3往復するようになりましたが、やはり付き合う前、雑談のようなLINEをしていたことを思うと、減ったのは確かです。

でも、1日2往復でも、連絡があるだけいいのかな、とも思うようになってきました。

昔読んだ本かネットの記事に、

「女は連絡頻度で愛情をはかろうとするけれど、男の愛情は連絡頻度と比例しない。

男は女ともめたくないなら、仕事だと思って朝と夜に連絡する習慣をつけろ」

と書いてあったのを思い出したこともあります。

 

30にもなって「毎日連絡してよ~~~」というのも大人ではない気がするのと、何となく不安が解消されてきていたのもあって、「どれくらいの連絡頻度が理想かなんて聞かなくてもいいか」と思いました。

久が原さんを目の前にすると、昨日LINEがあったかどうかなんて重要ではないと思えたのもあります。

そんなことよりももっとほかの話をしたい。

嫌われたくないという心理もあると思うんですが、そう思いました。

 

「今の仕事が落ち着いたらどっか旅行でも行こうか」

と久が原さん。

「いいですね! どこか行きたい場所あります?」

「うーん、温泉に行きたいな」

夏に温泉とはなかなか新鮮です。

温泉というと冬のイメージで、私が温泉旅行に行くのはほとんどが寒い時期です。

「夏の温泉もいいよ。昼間は観光して、夕方くらいから旅館でゆったりするとか」

確かに観光するなら今の時期のほうが活動しやすいです。

「でも、北海道もいいなぁ」

「北海道もいいですね。そろそろラベンダーの時期ですかね」

「富良野だっけ? ああいう景色を見てリフレッシュするのもいいね」

久が原さんと私はしばらくの間、旅行談議に花を咲かせました。

結局、北海道はもう少し長期の旅行がいいという話になり、まずは近場の温泉でゆっくりしようということになりました。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA