おみパ「久が原さん」(11) 結婚式の希望について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

久が原さんから告白の答えを求められることはありませんでしたが、代わりに結婚の話になりました。

きっかけは、私が先日、弟の結婚式に参加したという話でした。

そこから

「綾香ちゃんは結婚式はしたい派?」

と聞かれました。

結婚式をしたいかどうか。

この話題は幾度となく出ていますが、

「披露宴はどっちでもいいですけれど、式はしたいです。写真も撮りたいです」

と、今の気持ちを言います。

大々的に披露宴をしたい気持ちと、しなくてもいいかな、と思う気持ちが、行ったり来たりしています。

Sponsored Link

まあ、お相手があることですし、私だけで決めることではないのも承知しています。

「そうなんだね、女性って披露宴に対してあこがれがあるものかと思ったけれど」

「憧れは確かにありますね(笑)」

「結婚式は一生に一度の晴れ舞台じゃん。披露宴でみんなに祝福してもらいたいものかと思ったけれど」

「うーん、注目されるのはちょっと恥ずかしいですし」

でも、結婚式は親孝行のためにするものでもあるのかな(自分が親だったら娘の花嫁姿を見たいと思いますし)という気持ちもあるので、相手の方と相談して決めていきたいと思っています、と久が原さんにはお伝えしました。

「確かに親孝行にはなるかもなぁ」

と久が原さん。

「じゃあ、海外挙式はなし?」

「あー、新婚旅行とあわせて海外挙式っていうのも確かにありですよね」

久が原さんともし結婚することになったら、どんな結婚式をするんだろう、と思いました。

タキシードも似合いそうだけれども、紋付き袴も似合いそうだなぁと思わず妄想してしまいました。

「綾香ちゃん、ウエディングドレス似合いそうだよね。でも、着物もいいかもなぁ」

と、久が原さんも同じようなことを考えていたのか、そんなことを言ってくれました。

白い衣装に身を包み、久が原さんと並んでいる自分を想像して、私はちょっと照れてしまいました。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA