youbride「長原さん」(14) お花見の約束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食事の途中ですが、長原さんとスパークリングワインで乾杯することになりました。

スパークリングワインで乾杯。。。

なんだか、披露宴に出ているような気分です。

弟の披露宴は大規模な派手なものではありませんでしたが、弟がみんなに愛されていることを実感できる素敵な会でした。

「桜、そろそろ満開らしいね」

と、私が弟の披露宴を思い出していると、長原さんが不意に言いました。

Sponsored Link

「そうなんですね。通勤するときに見かける桜はまだ全然だったので、万回までまだまだなのかと思っていました」

「確かに今年はゆっくりな感じがするね」

長原さんとは前回の食事のときに、次回はお花見にしようと話したのですが、残念ながらまだほとんど蕾の状態なのかな、と思っていたのと、天気予報がいまいちだったので、見送ってしまったのでした。

「九段下の辺りか、目黒川の辺りでお花見しない?」

長原さんから再びのお花見のお誘い。

長原さんは、「子供が望めない可能性のある病気になった彼女を捨てた」ということで、ちょっと心配な面もあるのですが、もう少し長原さんという人を知ってみてもいいのかもしれないな、と思うようになってきました。

 

もちろん、長原さんにも選ぶ権利があるので、今後、「やっぱり綾香ちゃん、無理だわ!」ってなる可能性もあるのですが。

 

日程を決めようとしたのですが、長原さんが土日にかかる出張が入りそうとのことで、仮で土曜日、出張が入ったら平日に夜桜を見に行くことになりました。

長原さんは、本当に出張が多く(写真を見せてくれてるので、きっと本当に出張)、体を休める暇がなさそうです。

責任も出てきて、やりがいもあるということですが、少し心配になってしまったのでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ミカ より:

    その人、やめた方がいいですよ。
    というか、そういう男性に惹かれるご自分自身を見直された方がいいかもしれないレベルです。

    自分の身内のツテのお見合いで、
    最低限の社交辞令の時間を過ごすことすらできない未熟さや
    自分さえよければよい思いやりのない人間性ってとても問題だと思います。
    さらに「子供が産めない病気の彼女を捨てた」と読んで、
    驚きとやっぱり・・と呆れてしまいました。
    いえ、別れを選ぶこと自体が悪いわけではないんですよ。
    でもその男性は、自己中と逃げが根本にある人だと感じます。

    1. 綾香 より:

      返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
      コメントありがとうございます。

      長原さんとは結局進展がないまま終わりましたが、
      「子供が産めない病気の彼女を捨てた」ということにばかり引っかかっていましたが、
      お見合いの話もかなりNGな部分が多かったですね。
      コメントを見て、ハッとさせられました。
      実際に接していると、いい部分もあったのですが、きちんと悪い部分も見ていかなければなりませんよね。。。
      改めて、終わりにしてよかったのだな、と思いました。

コメントを残す


CAPTCHA