おみパ「弁護士さん」(4) 軽い男は論外

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

終電が近づいてきているにも関わらず、PARTY☆PARTYでカップルになった弁護士さんは二件目のお店に入ろうとしています。

このお店に入ったら、終電を逃してしまう可能性大です!!

申し訳ないですが、ここはお店に入るわけにはいきません。

「すみません、行きたいのはやまやまなんですが、もう一軒行くと終電をのがしそうなので今日は帰ります」

Sponsored Link

はっきり言っても、

「大丈夫、一杯だけだし、すぐ出るから」

と取り合ってくれない弁護士さん。

「いや、でも、終電があるので、帰ります」

というやり取りを何度か繰り返し、最終的に弁護士さんが折れて(?)、帰ることになりました。

 

 

最後押し問答になったため、ちょっと気まずかったのですが、帰りの電車は途中まで一緒でした。

車内は押し潰されるところまではいきませんが、かなり込み合っていました。

弁護士さんは何か思うところがあったのか、

「しつこくしちゃってごめんね」

と言ってくれました。

 

イベントは素敵だったし、

人と一緒に写真を撮るのも楽しかったのに、

なんだか残念な気持ちで家に帰ることになりました。

 

その日、弁護士さんから

無事に家についた?

またカメラをもって遊びに行こうね

という連絡があり、

社交辞令的に私も返信をしました。

 

共通の趣味があって、同い年で、ちょっとイケメンで。

かなり理想に近いのに、なんだか軽そうなところが残念です。

というか、「ないな」と思ってしまいました。

 

おそらく弁護士さんは私のことをノリが悪い女だと思ったでしょうし、合わなかったんだと思います。

 

お見合いパーティーで出会うというのはもうちょっと堅いイメージがあったので、今回の経験は少しびっくりしましたが、まあ、真剣度や性格は人それぞれなので、こういうものなのかもしれません。

まあ、Flowers by NAKEDのイベント自体はとても素敵でしたし、帰りに寄ったイタリアンもおいしかったので、良しとします。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA