youbride「長原さん」(2) 関西人の彼との出会い その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

youbride(ユーブライド)で出会い、登録されていた写真が好みだった初対面の長原さん。

写真と本人のイメージが違っていてテンションが下がりつつも、近くの喫茶店に入りました。

そんな長原さんに、いきなり「前の彼氏とはいつ別れたの?」と聞かれ、答えたくない私は長原さんに質問を投げ返しました。

長原さんは
「半年前くらいかなあ」
と、あっさりと教えてくれました。

そのまま長原さんは
「けっこう長く付き合ってたんだけど、彼女を支えきれんくなってさ」
と続けます。

Sponsored Link

「前の彼氏といつ別れたの?」と聞かれる率と同様に、この「前の彼女とけっこう長く付き合ってた」率もなんだか高いです。

私の脳裏を品川くん、五反田さん、荏原さんが駆け抜けていきました。

確かに私たちの年代は、「大学」か「就職してすぐ」にできた恋人と長く付き合って、
結婚を考えたけれどもうまくまとまらなくて別れを迎え、
新たな出会いを探している
そんな人が多いのかもしれません。

長原さんは前の彼女の話を誰かに聞いてほしかったのか、どんどん話はじめます。

「元カノは、職場が近くて出会って、仲良くしてたんだ。
 でも、病気になってしまって。
 僕が支えればよかったんだけど、支えきれなくて」

急に大変な話になって、びっくりしました。
彼女を亡くしたのではないか、と、思ってしまいました。

「どんどん二人の中もぎすぎすしてって、だんだん疎遠になってしまったんだ。そういえば、別れ話はしていないな」

口調から、おそらく彼女は生きているような感じがしました。

「重い病気だったんですか?」

なんとなく鬱とかの精神的なものを想像する私。

大学時代、研究室の後輩がうつ病を患っていたのですが、やはり病気が原因で彼氏を別れを迎えていました。
私の周りでも同じような話を聞くので、珍しい話ではなさそう。
私の親しい友人で鬱を患った子はおそらくいないのですが、本人はもちろん、周囲も大変だという話は聞きます。

突っ込まれるとは思っていなかったのか、長原さんは少し困ったようにしました。

「いや…」

長原さんは、言いにくそうでした。

「ごめんなさい、立ち入ったことを聞いて」

いくら本人から話してくれたとはいえ、初対面の人に聞く質問ではなかったかな、と思って私はそう言いました。

「いや、僕からした話だから」

と長原さんは笑って、

「婦人系なんだよね」

そう言いました。

想定外の答えだったので、私は驚きました。

ひとこと言ってしまったら、すべて伝えようと思ったのか、長原さんは先程と同様に、饒舌な長原さんに戻ります。

「婦人系って言ってもがんとかではなくて、命にかかわるものではないんだ」

「でも、悪化したら子供ができなくなる病気で、彼女はその段階まで進んでいた」

「会社の最寄駅も一緒だったから、駅で彼女を見かけてたけど、最近、見かけなくなったな」

と、どんどん話してくれます。

私は、どういう反応をすればいいのかわからず、頷きながら長原さんの話を聞きました。

「やっぱり子供がほしいし、彼女を支えたかったけれど、将来が考えられなくなってしまったんだよね。
 彼女から、『子供が産めないから別れよう』と言われたときは、『そんなの関係ない』って言ったけれど、結局それが原因になっちゃった」

子供の産めない女との結婚は考えられない。

長原さんがそう言ったわけではありませんが、そう言われたような気がしてしまいました。

長原さんは「支えきれなくなった」と言っていましたが、長原さんの口から語られる彼女の姿は、病気になっても毅然とした大人の女性です。
長原さんに依存したり、すがったようにはあまり思えませんでした。
もちろん、二人のことは本人たちにしかわかりませんし、長原さんの中で彼女の存在が美化され、そのような言い方をしているのか、別れたとはいえ好きだった女性のことを悪く言いたくないから、なのかはわかりません。

でも、結局は、「子供ができない」と分かった彼女のことを、長原さんが捨てたとように私には思えてしまったのでした。

それ自体は当然、非難されることではないと思います。

それでも、重い気持ちが私の中に渦巻いたのでした。

ユーブライド

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. より:

    初めまして。
    やっぱり子供ができるかどうかということを重視される方は多いですよね。

    私は結婚相談所で出会った彼と、半年の交際を経て結婚しました。
    私は20代の頃に子宮摘出手術を受けていて、彼にもその話をしていました。

    もちろん、子供がほしいから結婚するという、子供ありきの人もいるかもしれませんが、
    「綾香さんと結婚したい」
    ということを第一に思ってくれる人もいると思います。
    素敵な人に出会えるよう応援してます。

    1. 綾香 より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。返信が遅くなってしまってごめんなさい。

      つらい過去をお話ししてくださり、ありがとうございます。
      子供がほしいからではなく、私とだから結婚したい。
      そんな風に思ってくださる方と巴さんは出会われたんですね。
      羨ましいです。
      私も、そんな風に思ってくださる方と出会えるように、頑張っていきたいと思います。

コメントを残す


CAPTCHA