婚活サイト利用体験 【youbride(ユーブライド)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

youbride(ユーブライド)をはじめて1週間ほどが経過しましたので、利用体験記を書きたいと思います。

youbride(ユーブライド)はmixiグループが運営する婚活サイトです。
mixiは私も大学生の時によく利用していたので、なんとなく信頼感というか安心感が生まれます。
mixi自体は、出会い関係なく友人同士との交流ツールとして使用していたので、婚活サイトを運営しているということにはびっくりしました。

30代を中心に累計100万人が利用する婚活サイトで、基本機能は無料で利用することが可能です。
運営実績は10年を超えているところが、pairsなどの新しい婚活サイトとは違うところです。

また、各種証明書を送付し、身分証明をしっかりと行うことができます。

送付可能な証明書は以下の通りです。
 ・年齢認証
 ・クレジット認証
 ・本人証明
 ・独身証明
 ・収入証明
 ・学歴証明
 ・資格証明

Sponsored Link

独身証明をとっている人は「既婚者ではない」ということなので安心ですね。
でも、独身証明をとっている人は少ないです。
役所に行かないととれないので、手間なんです。私も、とってません^^;

医者、弁護士などの資格職の方は、「資格証明」をそれなりに出しているかな、という感じです。
私の見た範囲だと半分くらいの方が出しているでしょうか。

収入証明を出している方もそれなりにいます。
年収「700万以上」を選択するためには、収入証明が必須だからかもしれません。

また、プロフィール画面では趣味や家族構成に加えて、結婚観なども詳しく記載できるため、真剣度が高い人かどうかがプロフィールを見るだけでなんとなくわかりますし、結婚後のイメージもわきやすいです。
その分、こちらも記入にはちょっと気を使います。

どのようなペースで進めていきたいかも選ぶことができます(「すぐに会う」「まずはメッセージをじっくり」といった感じで)。

メッセージ画面はチャット風でやり取りが見やすいです。
この辺は、ほかの婚活系のサイトやアプリとあまり変わらないですね。

でも、私がやり取りしている中で感じたのは、
「メッセージが長文の人が多い」
ということ。

もちろん、あくまで感覚ですし、やり取りしている人によるものだと思うのですが、これまで利用したサイトの中でダントツなんじゃないかと思います。
この辺りは好みなので、何とも言えませんが、仕事から帰ってきて1日に1通しかメールを送れないことの多い私からすると、
 濃密なやり取りができる
ということは、会う前に相性がある程度わかるため、ありがたいことであります。

彼氏とはライトなやり取りで、頻繁にラリーしたいほうなのですが、婚活で「多くの人と同時にやり取りをして、その中で相性がよさそうな人を探す」という段階にいる私としては、長文メールのほうが好きです。
打つのにも時間はかかりますが、1回会いに行くことを考えたら短いかな、と。

・長文メッセージでやり取りして相性を探る
・とりあえずすぐに会ってみる

のどちらが効率がいいのかわかりませんが、今、少し仕事が忙しくなってきており毎日定時で帰ることは難しいため、ある程度、相性のよさそうな人とだけ実際に会ってみる、という方法が今の私には向いています。
もちろん、メッセージのやり取りだけで相性がわからないということはわかっています。

最初のほうの婚活は、時間的な余裕があったので、「とりあえず会ってみる」方法でしたが、仕事が少しずつ忙しくなってきてやり方が変わってきたな、と感じています。

話が横道にそれましたが、youbride(ユーブライド)自体は真剣度の高いサイトだと感じており、pairsなどと比較して年齢層も若干高めという印象です。
若い人もいますが、20代前半の方には向かないかもしれません。
恋活要素よりも婚活要素が強いので、アラサー以降でお付き合いの先に結婚を考えたい方にはいいと思います。

しばらくはyoubride(ユーブライド)メインで頑張っていきたいと思います。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA