合コン参加体験 30歳以上の女の価値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年末合コンラッシュということで、先輩と花ちゃんと一緒に、合コンに参加してきました。

前回は、カヨさんも一緒でしたが、今回は3人での参加です。
ちなみに私も先輩も花ちゃんも30歳。
先輩が幹事をしてくれました。

本当に申し訳ないことに今回もそんなに乗り気にはなれなかったのですが、行くからには全力で頑張りたいと思います。

男性側の参加者
 幹事さん・・・バツイチ。金融系コンサルタントをしている。35歳くらい? 離婚理由は不明。
 石田さん・・・出版業界に勤めている。石田純一に似ている36歳。
 士業さん・・・元SEで現在は士業らしい(具体的には不明)。36歳?

Sponsored Link

女性側の参加者
 先輩・・・・私の会社の先輩であり、プライベートでも仲良くさせてもらっている。姉御肌。
 花ちゃん・・婚活仲間。料理上手で女の子らしい子。少しおとなしい。
 私・・・・・婚活に励むものの、最近、疲れ気味。

幹事さんは、自己紹介の時に、いきなり
「俺はもう結婚はいいやって思っちゃう。みんな、結婚にあこがれてるの? 結婚したいの?」
と言ってきました。

私は答えるのにためらってしまったのですが、
「結婚したいですよぉ」
と花ちゃんがはっきりと言いました。
「結婚ってそんなにいいもんじゃないよ」という幹事さんにも「そう言えるのは、結婚したからですよ。結婚してない私にはわかりませんもん♪」と花ちゃんはにこにこ。
なんだか花ちゃんが強く、そして輝いて見えます。

先輩も私もそれに同調。

石田さんと士業さんはニヤニヤ。
この時はどんなことを考えているのかよく分かりませんでした。

「皆さんは結婚願望あるんですか?」
と、先輩が男性二人に聞きます。
「俺らも、もう36だからヤバいんだよね。結婚っていうか、子供がほしいなって思うよね」
石田さんが正直に答えます。
私はちょっと嬉しくなりました。
結婚願望があると聞けるのは、いいものです。幹事さんが否定していたからこそ、「ヤッター」という気分になります。

ここでやめておいてくれたらよかったのに、石田さんはさらに続けたのです。
「でも、男も36になると、男性機能が劣えて、子供が自閉症になる可能性が上がるらしいんだよね。だから、結婚するなら若い子がいいなぁ。だって、男も女も高齢だと、本当にやばい。まあ、女の方がヤバいけど(笑)」
空気が凍った気がしました。
少なくとも私の笑顔はきっと凍り付いた気がします。

「若いって何歳くらいですか?」
と、先輩が言いました。
笑顔ですが、目は笑っていません。
「そうだなぁ、ハタチはさすがに犯罪だと思うけど、ハタチから26歳くらいかなぁ。結婚まで1年くらいかかると思うと、それが限界。26以上だと、30歳までに出産できる可能性がガクンと減るでしょ」
彼は見た目は石田純一でしたが、中身は石田純一ではありませんでした。
石田純一のようなタイプだったら、思っていても決して口には出さないでしょう。

ちなみに、冒頭にも書いた通り、女性陣3人は全員30歳です。

それまで、ほとんど言葉を発さなかった士業さんも、
「女性は30超えるとまずいからねぇ。障害児はほんと困る」
と、同意しました。

「でも、35超えて出産してる人もいるじゃん。そんなにこだわることでもないでしょ」
何か察したのか幹事さんがフォローしてくれました。
「石田、グラス空いてるじゃん。何か飲む?」
と、幹事さんはそのまま話をそらすように、石田さんにメニューを差し出しました。

そこで、この話は終わりました。

時間にしては10分もなかったでしょう。

でも、私の心には深く突き刺さったようで、その後、どんな話をしても心から楽しめないまま、合コンは終わりました。

どうしようもない気持ちを抱えたまま合コンが終わり、そのあと、女性陣3人でお茶に行きました。
先輩はひどいことをいう人がいる合コンだったことを謝ってくれました。
先輩は全然、悪くないのに。

石田さんや士業さんの言ったことがすべての男性の意見ではないと、わかっているものの、私の心は深く沈みました。
それは先輩も花ちゃんも同じでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA