プライドの高いアラサー女の嫌なところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日の合コンで、私は本当に嫌な女になってきたなぁ、としみじみと感じました。

女性も30歳になってくると、仕事がそこそこできるようになってきて、任せられる仕事も責任のあるものが増えてきます。
だから、プライドも生まれてきます。

それ自体は別に悪いことではないと思っています。

私は男性が圧倒的に多い職場で働いていますが、職場では、私たち女性も男性と同じように働き、男性の中で評価をされていく必要があります。
仕事におけるライバルの多くは男性です。

でも、婚活の場で出会う男性は決してライバルではありません。

仕事の優劣を競う相手ではないのです。

Sponsored Link

なのに、昨日のように、相手が自分よりも「仕事ができない(と思われる言動をする)」にもかからず、それを自慢してくると、ついイラッとしてしまい、反論したくなってしまいます。

※補足
★リーダーさん・・・昨日の合コンで知り合った31歳の男性
プログラムを組むことをメインとする会社に勤めているため、普段はどこかの会社に派遣されている。
今回、自社が主軸となるプロジェクトが立ち上がり、そのリーダーとなる。
リーダーさんの同期の中で、リーダーを任された人は今までにいない。
チームの規模は5人。
★先輩や私・・・同じ会社に勤める30歳
システム系の会社に勤めているが、プログラムは基本的に外注し、自分たちで組むことは少ない。
そのため、任される仕事はマネジメント系が多い。
20代からプロジェクトの大小はあるがリーダーをすることが多く、30歳で外注先のプログラマさんは含まない社員10人以上のチームをまとめることができるのが「できる人」の条件の一つ。
(普段、リーダーさんのような会社の人を「使う」立場にあり、業界では私たちの会社のほうが「上」とみなされる)

きっと昨日のリーダーさんも、リーダーさんなりに頑張って仕事に取り組んでいて、もしかしたら彼自身は私たちより優秀なのかもしれないのに、自分たちの会社のほうが「上」だから、リーダーさんが少し偉そうな態度で仕事自慢をしてくることが聞き流せないのです。

精神的に余裕があるときだったらできたかもしれません。

自分勝手で申し訳ないのですが、五反田さんに結婚観を根掘り葉掘り聞かれた上に振られたこと、申し分のない相手である品川くんを好きになれないこと、優しかったカープ君を最終的に無視したこと、素敵だなと思えた京都くんには無視されたこと、うまくいきそうだと思った銀行マンさんには音信不通になってしまったこと、、、
ほかにもブログでは書ききれない人との出会いがこの数か月であって、私は疲弊していました。

余裕があるときには聞き流せたかもしれませんが、できませんでした。

私は言葉には出しませんでしたが、イラっとしていたし、きっと態度にも出ていたでしょう。

アラサーとひとまとめにすると怒られそうですが、もっと若かった時だったら、社会のこともよくわからず、リーダーさんの話も「すごーい」と思って聞けていたような気がします。
言い訳かもしれませんが……。
そして、社会を知るほど、「仕事ができる」「尊敬ができる」男性が減っていっているような気がします。
さらに言うと、自分が尊敬できるような男性には、相手にされません。

女性は「仕事ができる男性」を評価しますが、男性は女性が男性に対して思うほど「仕事ができる女性」を評価しません。
男性が評価するのは、若さ、外見などの比重のほうが大きいでしょう。

私自身の価値は下がっていっているのに、求める男性像はどんどん高くなる。。。
でも、尊敬できない人を好きになることができないんです……。
これで婚活はうまくいくのでしょうか。
もっと多くの人と出会えば、いいのでしょうか。

なんだか暗闇にはまりつつある綾香なのでした。

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA