pairs「五反田さん」(3) ロマンチストな35才

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペアーズで出会った五反田さん。
結婚願望が強いと公言されているせいか、結婚や出会いにまつわる話ばかりが飛び交います。

「僕は、前の彼女と結婚を考えていました」
静かに五反田さんが言います。

「長かったんですか?」
思わず興味本位で質問してしまいます。
「ええ。10年近く付き合っていました」
「どうして別れてしまったんですか?」
人生の1/3の時間を共に過ごした相手と簡単に離れることなどできるのでしょうか。
もはや、家族のように大切な存在になってしまっていて、私なら簡単に別れることは考えられません。
「浮気されていたんです。実は、同棲していたんですが、彼女が携帯をいじっていた時に、写真が見えてしまったんです」
「写真ですか……。ただの友人ではなかったんですか?」
「友人だという言い訳のできるような写真ではありませんでした。その他にも携帯やパソコンから証拠が山のように出てきました。
確かに、彼女には結婚を待たせてしまっていましたが、浮気はしなくてもいいじゃないかと思いました。
でも、一度は許そうと思ったんです。
その時、もう交際は9年近くしていて、彼女と離れることも考えられなかったので。
結婚に向けて動き出しました。
両家の顔合わせをしたり、結納の日取りを考えているうちに、彼女が再犯が分かったんです」
もうかける言葉もありません。
「結局、結婚は取りやめ。
本当にしんどい日々でした。
一年くらい引きこもって、最近ようやく外に出てきたんですよ(笑)」
明るく言ってくれましたが、あまり笑える話ではありません。

「そういえば、ペアーズ以外の婚活サイトの併用はされていますか?」
「いいえ」
これは本当でした。
前に他のサイトを使っていたこともありましたが、今使っている婚活サイトはペアーズだけになります。
合コンやお見合いパーティーには行っていますが……。

「すみません。不躾なことばかり聞いて。
気を取り直して、僕の仕事の話でも聞いてください」

そこで、五反田さんの仕事の話が始まります。

「僕は、神奈川の南のほうの研究所に勤めていて、職種としては研究職になります。
具体的には~~」

私はほとんど出番がないので、目の間の食事をパクパク食べます。
専門用語と専門用語の説明も踏まえて、詳しく説明してくれます。

「あと、僕の会社は福利厚生がしっかりしていて、男性の育児休暇も認められているんです。
僕は子供ができたら、育児休暇を取得して、奥さんと一緒に育児をしたいと思っています。
綾香さんは、子供はほしいと考えていますか?」
「え、ええ」

子供の話をこんなにストレートに聞かれたことはないので、思わず戸惑ってしまいます。
でも、もしかしたらこれが婚活ということなのかもしれません。

「必ずできるかわかりませんが、ほしいとは思っています」

「できるか、わからない?」

五反田さんの目が鋭く光ります。

「失礼ですが、何か問題でもあるんでしょうか?」

言い方を失敗したなぁ、とこの時後悔しました。
できるかわからないかなんてつける必要はなかったのです。

「いいえ。婦人科検診は受けていますけれど、引っかかったことはありませんし。
でも、不妊的な観点で検査を受けたことはないので。
病気ではありませんが、100%子供を授かれるかはわかりません」

でも、必ずできると思われても困るので、はっきりと伝えることにしました。

「確かにそれもそうですね」

五反田さんは納得してくださったようです。

五反田さんと出会ったペアーズ
pairs

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA