pairs「大崎さん」(3) ランチを探す旅に出る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペアーズで出会った大崎さんと個展を見たあと、
「そろそろお腹すいてきた?」
と聞かれました。

私はだいぶ前からお腹が空いていましたので、
「すいてきました!」
と無駄に元気よくアピールしてしまいました。
もしや本日一番の声だったかな…。
恥じらいどこ行った…。

「じゃあ、ご飯食べれるところ、探そっか!」

やったー!!
心の中で小躍りしながら、私はしおらしく頷きました。

ですが、喜んだのも束の間のこと。
まさかのランチの場所探しが始まるのです。

「おすすめのご飯屋さんはないんですか?」
「表参道にはいつも一人で来るから、食事はしないんだよねえ。
でも、気になってたところはいくつかあるから、そこを案内するよ」

そして、歩くこと数分、たどり着いたかわいいオープンカフェ。
店内にも席があるようです。

なかなかいい感じですし、ランチの時間が少しずれてるせいか、空いてる席もちらほらあります。

「素敵!」

メニューを確認すると少々高めですが、ここは表参道。
そして私は空腹なので、すぐに賛同します。

でも、大崎さんは信じられないことを言ったのです。
「ここが一件目の候補。次はこっちだよ」

さわやかな笑顔でそう告げ、大崎さんは歩き始めます。

ここで、「お腹すいてるし、ここでいいよ」とでも言えば良かったのかもしれません。
でも、言えませんでした。

そして話ながらしばらく歩くと二件目のお店が。
こちらも、ヨーロッパ風のレンガ造りが素敵なお店です。
でも、人気店なのかものすごく並んでいます。

軽くメニューをチェックして、三件目のお店へと進みます。
ここは少し離れたところにありました。
大崎さんとの会話は苦にならないどころか、むしろ楽しいので、距離は気にならないんですが、なんせお腹が…。

しかし、三件目のお店もなかなかの人気ぶりでお客さんが並んでいました。

「どこも混んでるし最初のお店がいいかな」
「そうですね、素敵なお店でしたし、最初のお店がいいです」

そうして、私達は最初のお店に戻ることにしました。

10分ほど歩いたのでしょうか。
ようやく着いて、お店に入ります。

「2人なんですけど」
と、大崎さんが店員さんに告げます。
すると店員さんは申し訳なさそうな顔で、
「ごめんなさい、ランチ14:00までなんですよ」
と言いました。

時計を見ると14:20…。

私達はとぼとぼとお店を後にしました。

「じゃあ、表参道ヒルズにでも行ってみようか」
と、大崎さんからの提案。
まさかの数年前に友人と訪れたときと同じ展開です。
でも、食べられたら私は場所はどこでも構わないです!

そうして私達は表参道ヒルズに向かいました。

大崎さんと出会ったペアーズ
pairs

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



Sponserd Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA